さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2018年04月21日

エゾエンゴサク

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索 )はキケマン属の多年草。
北海道から東北地方の日本海側に分布し、山地の湿った森林内、林縁部に生える。


主に北海道や東北地方日本海側に見られ、人里や山地の林床、 谷あい等で見られ
春に咲き、大群落を形成して人々の目を楽しませ其の色合いの美しい事!
そのファンも多い花
昨日はお天気も恵まれ、遊歩道までには行かない場所で咲いている群生地を覗いて見ました
まぁ~何と!先客?其の崖縁に車が停まって居ました
今回はパスかなと・・・やや暫くするとやはりこの傾斜に足を入れていた
暫くすると車の音がして居なくなった後にやっとの事でこの斜面を登り切った!
エゾエンゴサクは殆ど開花状態、その他にはキクザキイチゲ、エンレイソウが群生していた

本日はここだけで帰ろうとしたが、あの白いカタクリの花を観たくトコトコ・・・遊歩道方面へ
しかし、あの小高い角のエゾオクサイシンの側だった記憶?・・・
あれだけ楽しんだエゾオクサイシンの葉さえも忘れた・・・(笑)
そして・・・等々見つける事が出来ないで帰宅した・・・

「蝦夷延胡索」
昨日は延胡索を様子を見に行った、ここは陽当たりが良いのでしょう?見ごろを迎えていた

ここでは延胡索が多く葉の広い「ヒロハノエゾエンゴサク」が見られた

色も取り取り、水色の他、ピンクのお花も多く見られた

☆これ等の群生地で花に埋もれて写真を撮った事がある、バックはすべて水色で綺麗でした
 だが、今は時間が過ぎ遠くなりました・・・あの元気は何処に・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 08:48Comments(2)山野草