さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年08月20日

ベニヒカゲ

ベニヒカゲ(紅日影).ジャノメチョウ科ベニヒカゲ属.分布. 亜高山帯から高山にかけての草地。

ココの所の長雨で、草が伸び放題・・・小雨でも・・・と・・・1週間程も続きましたか?
そこで、昨日も思いもかけない風の無い晴れ・・・その合間を見て蝶観を・・・

車で30分程の渓谷へ、数年前に確か・・・ここで見ただけの蝶を訪ねましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
其の後、ここで見たと言う方の心強い情報を元に・・・
少ない時間ではありましたが、どんどんと奥へ・・・
アッ!と・・確かに目に入った1匹の蝶Σ(=ω= ;)ゲッ!!!!
其の奥にはヨツバヒヨドリの花に群がる蝶を見ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
前回は高い位置にⅠ,2度オオハンゴンソウに居ましたが、大した良い画像も無く・・トホホ・・
その花は外来種と有り、抜かれたのでしょうか?1本も見当たりませんでした・・・

「ベニヒカゲ」
思いも数の数のベニヒカゲがこの花1本に群がって居ました

蝶の裏表を見るには大変ですが、沢山な事も有り安易に裏表の観察が出来ました

その後は何処かへ・・・その場を惜しみつつ離れました・・・

☆何度か尋ねた渓谷、中々足を延ばすチャンスが無くなりました・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:33Comments(0)蝶類

2017年08月18日

残暑お見舞い申し上げます

暑さ寒さも彼岸まで・・・と、思い筒・・・今年もお盆も静かに過ぎようとしています
お盆も後わずか・・・もう一度お墓の後片付けに出向きたいと思いマス
北海道は暑さも、涼しい程ですが、一応時節柄皆様にご挨拶を・・・

「残暑お見舞い申し上げます」
我が家では季節のお花を大事に、あちらこちらで紫陽花の花が綺麗に咲いています
その中から1輪をカードにしてお届けしました

☆今年は暑中お見舞いを忘れました(笑)
 北海道では涼しい夏なので、皆さんにはご遠慮しました(笑)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:36Comments(0)Event

2017年08月18日

家庭菜園 新鮮そのもの

小さな我が住宅横の以前に私たちが済んで居た空き地に設けた畑は最早18年になる
空けて置くと草が生え、手の施し用も無い・・・
ではではと・・・畑にはした物の雑草には手甘し・・・
主人定年後の楽しみの空き地、何も遠くに行かなくとも近間で農園を楽しめるのは有難い!
毎朝、ここより野菜を収穫して食卓に上がる・・・20年近くもココで野菜作りは本当に楽しい・・・
定年前は業者にもお願いし、手入れして居たも今は客も少なくなり、細々と管理している・・・

「新鮮野菜」
朝の定番サラダの盛り付けは、早朝収穫のインゲン、キュウリ、トマトに蒸し海老
そのキュウリのパリパリ刊は何とも言えない・・・

今日の収穫 ズッキーニ、キュウリ、モロッコインゲン


ズッキーニは初めて収穫、娘に1本と自宅に1本だが、大きさも有り元気盛々
以後も収穫は楽しめそう~♪

その他に長ネギ、赤地租

今年の長ネギは成長も良く品質は申し分ない(笑)


☆その他にも野菜はアスパラ、ミョウガ、長ネギ、ニラ、2度目の赤蕪、春菊、シロ菜が有る
 
☆街に近い住宅地域、贅沢に家庭菜園楽しんでいます・・・ヾ(❀╹◡╹)ノ゙




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 04:20Comments(0)家庭菜園

2017年08月10日

袋物

お盆に入り、一際忙しい毎日・・・そんな中、密かにミシンかけ?
以前から用意してあった布で柄わせを楽しんで袋物を仕上げました
大した洋裁ではありませんが、ミシンかけは大好きでして、
大きさなども日頃の使い勝手で仕上げました
通常よりは少し長めのマチ付、サイズ25×25の2枚と底の25㎝1枚仕上げですヾ(❀╹◡╹)ノ゙
巾着型で3個の出来上がり~♪

「袋物」
お買いものついでに布を用意、時間見ては自分用に仕上げています

☆使い勝手は好みでしょうが?
 小さめも可愛いのですが、主婦としてはやはり少し大きめが良いカナ?










  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:18Comments(2)手作り作品

2017年08月09日

トラフシジミ夏型

トラフシジミ(虎斑小灰蝶 )チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科 シジミチョウ科に属するチョウの一種
濃茶色に白いストライプが入ったシジミチョウ。羽根の表面はコバルトブルー。
前翅の 先端はやや尖っている。 4~5月に出現する春型は、
白のストライプが鮮やかだが、6~ 8月に出現する夏型は、模様がはっきりしない


何時もの散歩道からルリシジミと同時にツバメシジミを見ました
♂はコバルトブルーとあるが、私は飛んだ時しかそのブルーは見たことが無いが、
非常に綺麗なブルー、1度は廃兵した所、撮影して見たいヾ(❀╹◡╹)ノ゙

1枚は飛んだ姿から♂のように見ました
山萩に停まったトラフはオレンジの部分が不鮮明ですが、♀のように見ています

「トラフシジミ」夏型
ここの砂利道ではお初のシジミ、飛んで居た際に見たブルーは♂はヤマグミの葉の裏に停まった

もう一枚は山萩で産卵でしょうか?♀かな?

☆同時に♂♀は嬉しいですね?

☆今年は春型は見ていない・・・残念でした

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:32Comments(0)シジミチョウ科

2017年08月08日

ツバメシジミ

ツバメシジミ(燕小灰蝶)は、チョウ目シジミチョウ科に属する チョウの一種。
明るい原っぱで普通に見られる小さな白っぽいチョウ。
後翅裏面には、オレンジ色の紋を 持つ。翅の表はオスが青紫色、メスが黒色。
後翅にある尾状突起にちなんで「ツバメ」の 名がついた。 地面近くをチラチラと飛び
、いろいろな花で吸蜜したり地面で吸水する。

昨日、娘家族がお盆と言う事でお墓参りに来たヾ(❀╹◡╹)ノ゙
「カバイロシジミ」「ゴマシジミ」を見たいと言うので、蝶を見て歩いた
すると・・・向うに「アサギマダラ」がひらひら高い位置に飛んで居た
車から降り、静止を待ったが・・・そのまま何処かへ・・・まぁ~目の前で見れたのだからと・・・
チャンスの少ない蝶だけに、今日もトライしたが居なかった!
今日は生憎のお天気、蝶観には相応しくない日でしたが、
アサギマダラが見られにかと昨日と同じコースを歩いて来た・・・

「ツバメシジミ」
毎年のように萩の樹で見られるシジミ・・・後翅裏面には、オレンジ色の紋が特徴
静かに静止状態で見られた

飛ぶ姿も綺麗な青紫色の♂

☆羽を広げ無いと見分けが付きませんが、♀は黒っぽいカナ?



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:35Comments(2)シジミチョウ科

2017年08月06日

家庭菜園 収穫時

2017年の家庭菜園
春より、種まきでは赤蕪、ビタミン菜、シロナ、ホウレンソウを植えました・・・
これ等の収穫が終わりました
地植えでは三つ葉、蕗、ウド、長ネギ、大葉、赤紫蘇、行者ニンク、ミョウガ等
苗ではキュウリ、長ナス、ピーマン、南蛮、スナックインゲン、トマト、ズッキーニ、
インゲン、玉葱、じゃ芋、アスパラ、にら等
最近はカメラに収める事も無く、ぼちぼちと収穫楽しんでいますヾ(❀╹◡╹)ノ゙

我が家「家庭菜園」
我が家の畑一部すくすく育つ春野菜

モロッコインゲンは未だ収穫する事も無く、そろそろ収穫時期を迎えています
今年は食べきれない程に収穫期待が出来そうですね?

トマトも数本あり、それなりに育っており、赤くなるのを待つばかりデス

少し遅れましたが。キュウリは是で6本目の収穫、お漬物に、サラダに・・・

☆今年はお初のアスパラ?あまり成績が良くは有りません・・・
 数年間には1度失敗していました・・・トホホ・・・デス(笑)

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 11:38Comments(2)家庭菜園

2017年08月02日

エゾカワラナデシコ

エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子)は、ナデシコ科ナデシコ属の1種
北海道、本州中部以北、ユーラシア中部以北に分布する多年草
花期は 6 - 9 月で、先が尾状になる苞が 2 対あり、その下部の 1 対は大きい。
がく片の長さは 2 - 3 cm となる


気温が上昇中の午前中・・・それも風の無い日・・・
密かに蝶に遭いにってますが、中々と見たい蝶に出遭えないのは残念だ?
側ではこうした夏の花?が人知れず場所に咲いているのを発見!とても綺麗ですね?

「エゾカワラナデシコ」
散歩中のお花、たんぽぽには初夏を感じ花

この辺では色合いも様々・・・

こちらは薄い色をしていますね?

☆モット濃い色も綺麗ですが、ここでは探せませんでした・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:09Comments(4)山野草

2017年07月31日

カバイロシジミ♀

シジミチョウ科 ヒメシジミ亜科
平地~低山地に生息する草原性の蝶。
河川敷や牧草地や海岸など 日当たりが良く開けた環境の草原を好む。
雄の翅表は青灰色で黒の縁取りがあり、
雌 では縁取り部分が大きいため全体的に黒褐色で青色はほとんどない


昨日の散策から
多分にカバイロシジミ♀だと思われるシジミチョウ
意外な山奥で見た・・・黒褐色で青色みの無い♀ クサフジに産卵でしょうかね

「カバイロシジミ」
今回は少し山手側のクサフジで、このシジミチョウに遭遇、今年初めてである
クサフジに産卵でしょうか?

開閉も見られ黒褐色で青色みの無い♀
何度か何処かへ行くが再び、このクサフジにやって来ていたので撮影は楽でした・・・
其の後、♂らしき物を見たが追わなかった!

☆最近はこのシジミチョウも少ない・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:20Comments(2)シジミチョウ科

2017年07月30日

キマダラセセリ

キマダラセセリ(黄斑挵)は、
チョウ目(鱗翅目)セセリチョウ上科 セセリチョウ科に属するチョウの一種。
茶褐色と黄色の粗いまだら模様のセセリチョウ。 原っぱや河原、
林の周辺などで見 られる。
弾丸のように敏速に飛び、いろいろな花で吸蜜する。地上で吸水することも多い


最近はセセリチョウも多く見られるようになりましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
未だに出遭いの無い「コムラサキ」「キマダラモドキ」これ等は何処に移動したのでしょうか?
新しい蜜の沢山出ている木々に移動したのでしょうか?

今日の気温24度、朝は20度足らず、早朝より草むしりが進みました・・・
毎日、少し筒だけですが、その毎日が結構綺麗に成り、気持ちが良い・・・
畑にも沢山の蝶がやって来ますが、カメラが持参の時が少なくいつも残念しています

「キマダラセセリ」
ここ高台でのセセリチョウ・・・
イヌゴマの花を探して居た際に見つけました
その他の蝶も多く見ましたが、落ち着きが有りません・・・

カメラを側に寄っても静かに撮らせて貰いました

☆最近は小鳥がグッと少ない・・・餌台には餌が・・・不思議ですね?




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:27Comments(2)蝶類

2017年07月29日

第71回 港祭り 2日目

第71回 港祭り 総参加市民踊り ねりこみを見て来ました
時間帯も込み合う事も有り、血が止まりましたが、婿殿が参加するので応援?
15時から事で、お友達の家に寄り、夕食をご馳走になり、21時帰宅しましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「総参加市民踊り」
15時からの市民踊り、意外に応援客も少なくひっそりしていたように見えました
先頭は市長さんも参加

街に人も少ない商店街


「ねりこみ」
婿殿の応援デス(笑)
ねりこみは水かけになって折、何か?水を掛けないで下さいとお願いして居た様な?(笑)
夜は昼に変わって、応援客も参加組数も多く、お客さんも大喜びでした

夜の撮影は今一?ギリギリでした

☆帰り道に夜店狙い?昨年の場所に出店が無い?・・・段々情報が薄い!(笑)

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:45Comments(2)祝行事

2017年07月28日

第71回 港まつり 花火大会

本日、港まつりの開幕地元新聞、民報社主催の「納涼花火大会」が有りましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
早速、ここ高台にて打ち上げ花火を取りました2200発が真夏の夜空に打ち上げられました
時間にしては30分の芸術楽しませて頂きました
3日間を通して、様々なお祭り行事が有り、市民総参加市民踊り、ねりこみ、よさこい等も楽しめます
20時から30分、蚊の多い高台で頑張って撮影してきました(笑)
明るい街灯には「蛾」が沢山集まって居ました・・・

「納涼花火大会」
以前は見晴らしの良かった高台、今では港を見下ろす場所が殆ど無く・・・どうにか木々の合い間から
気温は20度と低い今日、風は無く雲がスーと、横に伸び2分に・・・

スーとまっすぐに上がる花火

一瞬辺りが真っ赤に染まる街並み

手間はスーパーアークスは未だ営業時間でしょうか?

☆お天気が気になる花火大会、無事終了良かったですね?

☆毎年ならば、家の敷地より見るのですが、
 最近では建物が邪魔して、高い物しか見れませんでした・・・この調子だと高台も難しくなるのかも?



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:45Comments(4)祝行事

2017年07月27日

箱根空木

箱根空木(ハコネウツギ)、別名 源平空木(ゲンペイウツギ)とも言う。
スイカズラ科の落葉低木 花期は5-6月
別名の由来は源氏の白旗 平家の赤旗からきている
咲きはじめ白かった花が段々と赤くなっていくので、開花時期の差で紅白の花が一緒になっている。
それが、源氏と平氏の戦いつまり紅白戦になぞらえて源平空木とも云うのだそうだ。
少し酸味のあるグリーンと蜜の匂いがする。


散歩に行くと綺麗な空木の樹に目が行く、華やかな空木
同じころには「卯の花」が咲き、山の樹にも目が離せない・・・

「ハコネウツギ」
箱根には1本も無いと言われる樹木、何故か「ハコネウツギ」?、
家周辺の斜面にも大木が有ったが、斜面崖崩れのために今夏に伐採されたようである
この辺では住宅は斜面にも住宅が建ち、街の空き地では未だこうした樹が残っているのは嬉しい・・・

もう1枚

☆我が家畑の方の垣根になっている「空木」は
 「卯の花」これ等も良い香りが漂い、子供の頃に習った童謡が・・・卯の花ののおう垣根に・・・♪




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:59Comments(0)樹木

2017年07月26日

蝶の季節 サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰蝶 )は、
チョウ目(鱗翅 目)タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科に分類されるチョウの一種


蝶が沢山飛ぶようになり、蝶の集まるような場所を探したり、散歩も一層楽しくなりました
畑にも
ツバメシジミ、ベニシジミ、ルリシジミ、コキマダラセセリ、オオチャバナセセリ、クロヒカゲ、キアゲハ、
モンシロチョウ、スジクロチョウ、サトキマダラヒカゲ、コムラサキ等
待っているのがキマダラモドキ・・・昨年見た場所を訪ねても未だに観ない・・・

「サトキマダラヒカゲ」
ここ高台で・・・沢山のこの個体を見た・・・
未だにヤマキかサトキの区別が付かないが、この子はサトキマダラでしょう?♂♀かな?

同じ日に身体にまつわり付く様にフエンスに止まる蝶、この個体もサトキでしょう?

☆今日も畑で草むしり中にのんびりした姿を見たヾ(❀╹◡╹)ノ゙






  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 22:56Comments(2)蝶類

2017年07月25日

丑の日にうな丼

丑の日とは、災難を受けやすい日、(カレンダーにある十二支の名前)
丑の方角の 守護神が玄武という黒い神様だったため、「黒い物を食べる」と言うお呪い。
うなぎ・どじょう・黒鯉・黒鯛・ナスなど黒い物を食べたのが始まり
世間一般で言われる夏の『土用丑の日』について、
2017年の日にちは、 7月25日(火)と8月6日(日)


では・・と、店頭に並んだウナギを買い我が家もうな丼にして頂きましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
愛知産三河屋のうなぎ蒲焼 養殖物 1匹
今年は例年にない暑い日が続き・・・少しでも体に良い物を・・・と、の願掛けも有るのでしょうかね?

「うな丼」
うな重の重箱は有りません・・・うな丼になりました(笑)
ご飯とご飯の間に卵焼きとレタスを挽きました
表面には大葉を挽き、その上にウナギを載せタレ、山椒の粉を載せました・・・

☆家庭には家庭の味が有り、自宅ではウナギ以外の物を食べれるので良いですね?
 
☆次回8月6日はお盆も近いので、家族揃ってうなぎ店で食べれたら良いね?(笑)
 
  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:17Comments(4)手作りと食物

2017年07月24日

家庭菜園 スナック豌豆

スナップエンドウはグリーンピースの改良品種で、豆が成長して大きくなってもサヤが硬くならず、
サヤごと食べられるものです。甘みがあり、ぱりっとした食感が楽しめます。
その食感がスナックを食べるイメージに近いことからスナックエンドウと呼ばれたりもしています。
一般的な品種は筋があるので、この筋を取り除いて食べます。


近頃店頭に並ぶようになり、昨年も我が家畑で育てましたが、失敗に終わりました・・・
今年もメゲズニトライ・・・綺麗な豌豆が収穫出来ましたが、どちらかと言うと小粒?ですが、
まずの収穫、美味しく食べていますヾ(❀╹◡╹)ノ゙
食べ方は
茹でるときは硬い筋の部分を取り除いてから茹でます
2%ほどの塩を加え、沸騰させている湯の中で茹で、茹で上がったらすぐに冷水に放ち冷ます

そのまま食べても良し、炒めても良し・・・たんぽぽの好物デスヾ(❀╹◡╹)ノ゙

あまうま「スナックエンドウ」
豆は甘く竿はサクサクとつるありと袋に・・・くろだの種
昨年失敗しただけに今年は成功、美味しく頂きましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

春先にあまり天候が良くならずどうにか育ちました

☆今年の畑には
 ほうれん草、ビタミン菜、シロナ、赤蕪、トマト、キュウリ、いんげん、ピーマン、茄子、南蛮、
 シシトウ、大葉、ズッキーニ、ヤーコン、イチゴ、にら、長ネギ、玉葱、アスパラ、ミョウガ等
 植えましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:58Comments(2)手作りと食物家庭菜園

2017年07月20日

家庭菜園 苺

我が家畑から苺を収穫しましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
この旅の長旅から帰り、急いでの収穫、殆ど諦めかけていた苺、収穫にどうやら間に合った感じ?
それとも言うのも、あのカラスデス(笑)
少しでも早く収穫しなければならないと、早起き・・・
すこし早い赤みが入った物を選びお日様に当てましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
2,3日も立ったころには赤みが増し、甘みも有りました・・・
まぁ~雑草も手伝い?・・・(笑)赤みが目立たなかったのかも知れません!
以前の様に管理も行き届かない中からのイチゴの収穫、
僅かながらも我が家畑では小粒ながらも美味しい苺が収穫出来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

家庭菜園「イチゴ」
毎日、早朝に摘みました・・・深い入れ物が本日の物…赤みが増した物と一緒に・・・

こちらは後半の畑で赤くなった苺・・・赤みが差した頃からは一気に真っ赤に・・・

こちらは市販の豊浦苺こちらも味見?苺ジャムにしました
比較しますと、我が家の方が形は小さくてもダントツに甘かった!
モット、丁寧に・・・と、は思いマスが、今は手放した状態・・・矢も得ません…残念デス
今年の市販のイチゴは随分とお値段も高かったように思いマス・・・
650円に消費税ですから700円超

☆苺の苗も放置状態・・・朝の散歩からでも3パック程収穫出来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 06:54Comments(4)手作りと食物家庭菜園

2017年07月19日

夏椿

夏椿 (沙羅の木(しゃらのき))椿(つばき)科。
開花時期は、 6/ 5 ~ 7/10頃。「椿」の名だが、梅雨の頃に開花する。
すっきりした白色のきれいな花。5枚の花びらの縁(ふち)には、こまかいギザギザあり。

花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから「夏椿」。幹はすべすべしている。
お寺によく植えられている。
「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれることもあるが、お釈迦(しゃか)様が亡くなった時に
近くに生えていたことで有名な「沙羅双樹」は、全く別の熱帯樹のこと。
「沙羅双樹」は日本ではあまり育たない。

沙羅双樹といえば、「祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 
沙羅双樹の花の色 盛者必滅の 理をあらはす」という


以前にお坊さんが、私にこの枝を持ってきた際が、最初の出遭いでした
ネットで調べましたら、お釈迦様が無くなった時に生えていた1本がこの樹だったとか・・・
お花は一夜花、上品な色合いが何とも言えない・・・
お花の開花は確かぁ~初めての用で有るが、その出会いもチャンスも無く、初めてアップです

「ナツツバキ」
7月17日海の日に伊達資料館まで足を延ばし、お花の時期にと・・・見て来ました
花は終わりに近い感じでしたが、どうにか間に合い綺麗な白いお花

お天気は左程良くは有りませんでしたが、見れて感動しました

迎賓館建物前に1本、裏に1本と2本

お花は1日花、昨日落ちた花・・・今日散った花等もあり美しい姿が、印象的でした

☆何度か尋ねた事が有りましたが、開花は初めてでした・・・白いお花は上品で良いですね?



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:33Comments(2)樹木

2017年07月18日

メスアカシジミチョウ

メスアカミドリシジミ(雌赤緑小灰蝶 は、チョウ目(鱗翅 目)シジミチョウ科に属するチョウの一つ。
<特徴> 年1回初夏に発生し、北海道~東北の平地から山林、
それ以外の地域では山地の落葉広葉樹林で見られるシジミチョウの一種です。
きらめく羽を持つゼフィルス(ラテン語で西風の意味)の仲間で、翅の裏側は、
薄茶色地に白線が入り、後翅下に橙紋が見られます。翅の表側は、オスでは金緑色に輝き、
メスは黒褐色の地に、前翅に橙斑が見られます。


7月9日、気温も上がり、風の無い日に・・・
そろそろ綺麗な蝶が見られる時期かと思い、その活動時間を見計らい、足を運んできました
相変わらず、蚊も多く、そう時間が滞在できません・・・
その蝶の数も年々減って来ているので、綺麗な♂の金緑色に輝きも葉の陰になり、見られません
先ずは今年も確かに・・・見て来ました・・・クルクル舞う姿はとても美しい小さな蝶・・・(✿╹◡╹)

「メスアカミドリシジミ」
綺麗な小さな蝶で、期間も短くまずは今年も健在は綺麗ですね?

綺麗な輝きも気が高く今一でした(笑)

地面で給水するシジミ

☆数が減っているのは残念です・・・毎年狙う物の蚊も多く長時間は無理(笑)

☆今年になり見た蝶
 ベニシジミ、メスアカシジミ、ルリシジミ、モンキチョウ、スジグロチョウ、モンシロチョウ、キアゲハ、
 フタスジチョウ、ヒカゲチョウ、エゾシロチョウ、スジクロチョウ、ヒメウラジャノメ、コキマダラセセリ、
 ヤマキかサトキマダラ、クジャクチョウ、カラスアゲハ等




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:40Comments(2)シジミチョウ科

2017年07月15日

道東の旅 6日目 最終宿泊

5日目は台風並みのお天気・・・5日目になっても探鳥は見られず・・・トホホ・・・
やっと、6日目ヤヤ晴れ?になり目的地で丹頂の親子に出遭い、その後も単独の丹頂鶴に・・・
車窓からでは「キタキツネ」「エゾシカ」も普通に見られる道東の光景もそろそろお別れ・・・
そこで、最終日の宿でやはり夕食付の朝食を楽しみました
そこで親子水入らずの夕食を楽しみました・・・

海辺のホテル「シーサイドホテル」
先ずはその日の夕食付の宿探し・・・予約が取れるが先決?
ホテルは古い・・・中は改装されているとはいえ、エレベーター無し・・・先ずは体を労わり・・・和室
早速、お風呂で汗を流しお帰りの荷物を用意・・・食事はレストランで・・・
娘曰く・・・又、蟹?海老?・・・もう食べたくないと言った夕食もその新鮮な料理に断り切れ無い・・・
そこでたんぽぽ曰く・・・残してもいいよ!・・・だが、その新鮮料理にまして…シマエビの踊り食い?
どの料理も美味しく、円満な笑み弾けそうだった!(笑)
最後の晩餐会、旅の話に花が咲き、この旅も最終に・・・

途中で加わったシマエビの踊り食い・・・
容器にラップを掛けて登場・・・皮を剥いても跳ね、お口に入れても動く・・・
申し訳ない気分で2匹筒・・・口にした・・・その美味しい事!(笑)

花咲ガに1杯にアサリの蒸し焼きやら、シマエビの蒸し煮、グラタン等海鮮料理尽くし・・・
ご飯にも海老等が入り蒸し飯、お吸い物は蟹、デザートまでも
豪華な綺麗な容器に入り冷やしてお口に合い美味しかった!

☆最終日の夜、この辺で帰ろうか?・・・予定より2日遅れの6泊7日の旅でした
7日の日は娘宅に1泊、娘婿さんの車で荷物と一緒に帰宅しました・・・



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 01:30Comments(4)自然風景Event