さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年12月04日

ヤツデ

ヤツデは、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木。
葉が大型で独特の形をしているのでよく目立ち、見分けやすい。
日本語の「八」または「八手」に由来するという。
日本ではおなじみの伝説上の生き物ですよね。
キャラクターになったり祀られた神社など があったり、親しみのある生き物ではないでしょうか。
見た目にも可愛く魔除けにもなる ヤツデ。お家を守ってもらうには最適かもしれませんね。


先日、散策途中のよそ様のお庭にヤツデのお花をみっけ!
そっと、撮影させて頂きました・・・今頃にお花を付けるんですね?

「ヤツデ」
葉の数は特に関心なく見て来ましたが・・・2本程有ったかな?

☆ここのお宅は現在空き地になり、お花が豊富なだけに労しい・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 00:04Comments(2)樹木

2017年11月05日

コクワと紅葉

サルナシはマタタビ科マタタビ属の雌雄異株または雌雄雑居性のつる植物で 落葉植物。
別名:シラクチカズラ、シラクチヅル。果実はコクワとも呼ばれる


10月22日、鳥観の散歩途中にコクワの実を積みました・・・
昨年は大量に摘み、焼酎漬けにしましたので、今年は今日のおやつのみの収穫(笑)
丁度の食べ頃、美味しく頂きましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

果実「コクワ」
コクワを積んで、今日のおやつは如何?(笑)丁度の食べ頃?

コクワはつる植物なので、年々高い位置に成って居る事が多い・・・
熊さんもお好きなようですがね?(笑)以前はお店屋さんに並んで居る時も見ましたが・・・

☆気温の低い日が続きました・・・
 明日は2ケタの気温に戻り、少しは庭の仕事を・・・ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 22:28Comments(2)樹木

2017年11月04日

ムラサキシキブ紅葉

ムラサキシキブ(紫式部)はシソ科の落葉低木である。日本各地 の林などに自生し、
また果実が紫色で美しいので観賞用に栽培される


我が家のニシキギも随分と葉が落ちました・・・庭には枯葉が目立ちます・・・
気温も一桁とは、寒い日が続き、風邪には要注意ですね?
暖房を焚きますと部屋の中は乾燥気味になり、十分にご注意を・・・

「ムラサキシキブ紅葉」
ご無沙汰気味の散歩も紅葉には間に合い、久々にこの子の紅葉を見ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
春には小さな可愛いお花、秋にはこんな綺麗な実に変身!沢山実を付けていました

数有る中の紫色の実、可愛いですね?

☆近似種にコムラサキが有るが識別は難しいですね?


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:12Comments(6)樹木

2017年10月31日

赤い実 8種

24日には初冠雪だったように新聞で見ました。例年より4日早いとある
紅葉を見ながら、早朝より鳥観?
紅葉を楽しみながら、秋の赤い実にも注目し、あれこれ拾ってみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
今日もこの辺は紅葉の見ごろでしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「赤い実 8種」
「ツリバナ」
ここ子は今年はあまり縁が無かった・・・どうにか1枚


「マユミ」
この子の前で鳥を待っていたが1匹も来なかった!(笑)


「カマツカ」
時期既に遅し・・・葉が落ちていました


「ヤマグミ」
今年も沢山の実が・・・食べると渋い!


「カンボク」
イクラのような赤い実、葉も赤染まる


「ガマヅミ」
昨年は焼酎漬けにした実は、何故か今年は少ない・・・


「ノイバラ」
お花は小さく白いが、実はいっぱいだね?


「ツルウメドキ」
例年だと、釣る毎もぎ取る方が居まして、
次回は目に入ら無い事が多いが、最近はそのまま残っている事が多い!

☆今年は早朝散歩から8種拾ってみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 16:20Comments(3)樹木

2017年10月26日

黒松内 歌才ぶな林Ⅱ

歌才ぶな林では沢山見て回りましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「楽しみ方いろいろ」
ぶなに流れる水の音もよし・・・嬉しい事に「エゾリス」「シマリス」にも遭遇しました

こちらはシマリスの巣でしょうか?

秋の味覚のキノコ「なめこ」「マイタケ」等も有りました・・・

植物では「シシガシラ」も沢山!「蔓リンドウの赤い実」も・・・
ココ地球岬遊歩道では数の少ない「ツルシキミ」の群生地も有りました

下山後には「ぶなの森」で汗を流しました・・・ここでは露天風呂から見るぶな林は格別ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

市内観光でも?と思いましたが、
温泉にはトワ・ヴェールⅡの品々が揃っているために遭えてお店屋さんには寄りませんでした・・・
黒松内ハンバーグ、アイスクリーム、パン等を購入お土産に持ち帰りました

帰路途中に反省会がてら、久々の山の手応えを話し合い、
夕食兼ねて「ミルク亭」にてアサリのスバゲティーを頂きましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆何度訪ねても楽しいぶな林のお散歩・・・楽しかったデスヾ(❀╹◡╹)ノ゙




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:53Comments(0)自然風景樹木

2017年10月25日

黒松内 歌才ぶな林紅葉

この度の台風が裂けられ、その翌日はより天候に恵まれました
早朝のお天気を見て、今見頃とある天然記念物「歌才ブナ自生北限地帯」を見て回りました
出発8,00→到着9,30 登山開始10,00→登山入口10,30→11、50 
下山12,30→登山入口13,30・・・と、時間たっぷり(笑)
久々の登山?まずは慌てずにゆっくり長靴で登りました→ぶなの森入浴
今回で8回目の歌才ブナ林、覚えた道順もあやふや・・・記憶がやっとつながりました・・・(笑)
登山者は私たちの他に1名、若者は流石に早い・・・往復で余裕で2時間と見て居たが・・・
なんと!2時間半・・・登山口迄も入れると3時間・・・写真を楽しみながら・・・
急ぐ旅でも無し、心行くまで楽しみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「歌才ブナ林」
コースはあれこれ沢山有りマスが、熊さんには遭いたくはないので、このコースを・・・
お天気は最高!見て~~~と、ばかりの陽射し・・・

何度か行きましたこの道・・・何度来ても素晴らしい・・・・歌才森林公園への標識

歌才森林公園への道

私達は終点を目指して・・・左斜面を見ながらの登山

途中エゾリスに遭いました・・・余り物の突然で…きゃ~~~と、シマリスさんがビックリした用でした(笑)

目のやる何処も美しく・・・紅葉日和は本当に贅沢な一時・・・気儘の旅でした

ここが終着点となり行き止まりでした・・・何度も何度も訪れたブナ林、本当に美しいですね?

☆もう一度登山を楽しみたいと訓練、ここまで辿り着きましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
 反省としまして・・・お弁当を持参しませんでしたのと、思いもかけずに時間も要しました
 他のコースも横目で見ながら・・・帰宅・・・(笑)





  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 16:09Comments(4)自然風景樹木

2017年10月23日

私の散歩道より紅葉

台風がそれホッとしていますヾ(❀╹◡╹)ノ゙
超大型とあり、昨日午後より大急ぎで私の散歩道を歩いてきました
今では「地球岬遊歩道」も、遠くなり近くの散歩道に変えました
徒歩15分の程を鳥観をしながらの紅葉見も気楽で楽しかったデスヾ(❀╹◡╹)ノ゙
おまけに秋の渡り鳥も程々に楽しめました・・・
今回のテーマは鳥観、紅葉、秋の実成り等を見て回りました
歩数計7,000歩

「私の散歩道紅葉」
私の自宅より少し急な坂道になります・・・
木々は高木になり、今ではトンネルに・・・ここまでは5分で到着ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

そこには「地球岬」と書かれた看板が有り、道は二股に・・・大きな銀杏の樹が1本

二股の一方は砂利道、ここも今年は特に綺麗!

追い直しし浜を一望に綺麗な紅葉

途中寄り道をして細い道では綺麗な黄色が・・・屏風の用?

左右どちらを見ても今年は綺麗!赤が綺麗ってほんとね?

まだまだ見せたい今年の紅葉ですが?帰り道の下りの写真

おまけにご近所の綺麗な紅葉は如何?

☆今年の紅葉は本当に綺麗ですね?写真を選んで特別の7枚

☆ここまでのコースは自宅から往復25~30分程で回れますヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:46Comments(2)自然風景樹木

2017年10月22日

2017年 紅葉狩り

この度、台風を前に紅葉狩りに行ってきました
白老色彩街道→大滝三階の滝→大滝ナイヤガラの滝→道の駅コース
お天気はどうやらと言う感じで、雨に当たらずに帰りました
紅葉の見ごろは丁度でしょうか?
台風21号がここを通りマスと、一気に今年の紅葉は終わって終しそうですね?
今日のお天気見てこの辺地球岬方面の紅葉を見て回りました
ここも見ごろは丁度でしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
歩数計11,000歩

「紅葉狩り」
白老から回りました四季彩街道はバスの中より紅葉を楽しみました

トイレタイムなどで写真を撮りまくりました

団体でしたので、時間の関係もあり大忙しで・・・

大滝三階の滝の水量はたっぷり流れていました、紅葉は丁度からやや終わり?

大滝三階の滝広場トーテムポールの丘で・・・
ここでは鹿の糞が多く、散歩は容易ではありませんでした

大滝ナイヤガラの滝・・・いつもより水の量が少なかったように思いマス
紅葉はやや終わり気味

最後はリンゴ園、道の駅等でお買いもの

☆今年の例会は全て終わりました・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:51Comments(2)自然風景樹木

2017年10月17日

ツルウメドキ紅葉

ツルウメモドキ(蔓梅擬)は、ニシキギ科ツルウメモドキ属 の落葉つる性木本

今の時期はマユミ、ツルバラ、ツルウメモドキと綺麗な実が枝からぶら下がって居ますね?
それらを食べにくる小鳥も多いのですが、今年の秋の渡りは如何でしょうね?
庭には小鳥が増え始めました・・・
この度、日和山の散策からお見事の「ツルウメモドキ」の蔓に遭遇・・・
此の辺を歩くと毎年、荒らされた姿が良く見ます・・・複雑な心境デス

「ツルウメモドキ」
パチッと弾けた赤い実、可愛いよねぇ~

綺麗に始めた赤い実・・・

ここには人知れずでしょうか?沢山実を付けていました

☆この辺の紅葉はぼちぼち・・・少し色づいた程度デス


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:14Comments(0)樹木

2017年07月27日

箱根空木

箱根空木(ハコネウツギ)、別名 源平空木(ゲンペイウツギ)とも言う。
スイカズラ科の落葉低木 花期は5-6月
別名の由来は源氏の白旗 平家の赤旗からきている
咲きはじめ白かった花が段々と赤くなっていくので、開花時期の差で紅白の花が一緒になっている。
それが、源氏と平氏の戦いつまり紅白戦になぞらえて源平空木とも云うのだそうだ。
少し酸味のあるグリーンと蜜の匂いがする。


散歩に行くと綺麗な空木の樹に目が行く、華やかな空木
同じころには「卯の花」が咲き、山の樹にも目が離せない・・・

「ハコネウツギ」
箱根には1本も無いと言われる樹木、何故か「ハコネウツギ」?、
家周辺の斜面にも大木が有ったが、斜面崖崩れのために今夏に伐採されたようである
この辺では住宅は斜面にも住宅が建ち、街の空き地では未だこうした樹が残っているのは嬉しい・・・

もう1枚

☆我が家畑の方の垣根になっている「空木」は
 「卯の花」これ等も良い香りが漂い、子供の頃に習った童謡が・・・卯の花ののおう垣根に・・・♪




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:59Comments(0)樹木

2017年07月19日

夏椿

夏椿 (沙羅の木(しゃらのき))椿(つばき)科。
開花時期は、 6/ 5 ~ 7/10頃。「椿」の名だが、梅雨の頃に開花する。
すっきりした白色のきれいな花。5枚の花びらの縁(ふち)には、こまかいギザギザあり。

花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから「夏椿」。幹はすべすべしている。
お寺によく植えられている。
「沙羅双樹(さらそうじゅ)」と呼ばれることもあるが、お釈迦(しゃか)様が亡くなった時に
近くに生えていたことで有名な「沙羅双樹」は、全く別の熱帯樹のこと。
「沙羅双樹」は日本ではあまり育たない。

沙羅双樹といえば、「祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 
沙羅双樹の花の色 盛者必滅の 理をあらはす」という


以前にお坊さんが、私にこの枝を持ってきた際が、最初の出遭いでした
ネットで調べましたら、お釈迦様が無くなった時に生えていた1本がこの樹だったとか・・・
お花は一夜花、上品な色合いが何とも言えない・・・
お花の開花は確かぁ~初めての用で有るが、その出会いもチャンスも無く、初めてアップです

「ナツツバキ」
7月17日海の日に伊達資料館まで足を延ばし、お花の時期にと・・・見て来ました
花は終わりに近い感じでしたが、どうにか間に合い綺麗な白いお花

お天気は左程良くは有りませんでしたが、見れて感動しました

迎賓館建物前に1本、裏に1本と2本

お花は1日花、昨日落ちた花・・・今日散った花等もあり美しい姿が、印象的でした

☆何度か尋ねた事が有りましたが、開花は初めてでした・・・白いお花は上品で良いですね?



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:33Comments(2)樹木

2017年07月09日

道東の旅 知床峠の花

知床峠では早朝より、鳥観の初めに今にも真っ赤に焼けそうな朝陽を・・・
そこで見られる「ギンザンマシコ」を待った・・・
前日もそこで時間を過ごしたが、
宿に入る時間になりその場を去ったが、その後には見られた方が居た・・・
何と!同じ宿になった・・・その日の「鷲の宿」では「シマフクロウ」は見られ無かった
そこで見た鳥
「アオジ、カッコウ、ツツドリ、ウソ、ウグィス」等と数は少ない結果になった・・・
羅臼岳を横目に・・・遠くに「国後島」を・・・と、堪能・・・
その日のお天気に恵まれ滅多に来れない景観を楽しんだヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「知床峠の花」
日本の野生苺「エゾノクサイチゴ」一層綺麗に咲き誇って居ました

時期が終わりそうな「ゴゼンタチバナ」

オロフレ山でも見た「ミツバオウレン」

「ミヤマナナカマド」峠では初めてでしょうか?大きなお花を沢山付けた樹木?
この花は帰りまして、詳しい方に問い合わせ知りました・・・

☆その他カラマツソウも沢山見られました・・・
特にお花畑として散策する個所も無く、目の前のお花達ですヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆前日も見られずにこの日も期待できず、その後「知床5湖」に移動する・・・




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:19Comments(6)自然風景Event樹木

2017年06月28日

クレマチス

クレマチスは、キンポウゲ科センニンソウ属のこと。クレマチス属ともいう。
園芸用語としては、
このセンニンソウ属の蔓性多年草のうち、花が大きく観賞価値の高い品種の総称。
修景用のつる植物として人気があり、「蔓性植物の女王」と呼ばれている。


家に帰れば、草は茫々・・・牡丹の花7本共、花を観ずに終わりました・・・残念!
旅から帰りまして、家の仕事に追われ大忙し・・・1週間の付は大きい・・・
先ずは畑を一回り、赤蕪とほうれん草の初の収穫を収穫し、何時もの雑草取りを・・・
イチゴも食べ頃?少しは口に入るようにとカラスとの早い者勝ち?と少々のイチゴ狩り?
昨年、クレオマチス・モンテナの柵を外し、竹で組んだクレオマチスが綺麗に咲き誇って居た
やはり、手を掛けだけに立派に咲いてくれたのは主として嬉しい(✿╹◡╹)

「クレマチス」
我が家には3種のクレオマチスが有ったが、今では個々になり、それぞれに時期も斑

手の掛け方も分からず放置気味だったお花が、
今年はお手入れが良かったのか元気に咲き嬉しい(✿╹◡╹)

☆若い頃はそれとばかりにお花を入れたが、今では手甘し・・・まずは綺麗に咲き嬉しいヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 02:12Comments(4)樹木

2017年06月17日

クレオマチス・モンテナ

クレマチス・モンタナは、キンポウゲ科センニンソウ属の植物で ある。
中国南西部、南東部、台湾、ヒマラヤ、パキスタン北部の山間部に自生する


我が家のあの一面のクレオマチス・モンテナの樹を縮小しました
蔓が絡んでいる竹が、寿命となり山得ずに手入れの事も考え小さくしました
蔓はどんどん伸び、何処までも伸びるのか?人間が先か?と手入れも出来無くなりコンパクトに・・・
この大きさに維持するとお手入れも簡単では・・・

「クレオマチス・モンテナ」
大きな蔓?長く伸び・・・何処までも伸びそうな大きさ・・・後ろの支えの丈に寿命が・・・
思い気って小さくしました・・・今年の花は極僅か・・・来年に期待したい(✿╹◡╹)

全体像・・・裏の石垣の手入れも簡単に成りました・・・

☆この樹はお友達に挿し木で頂きました(✿╹◡╹)長い年月楽しませて頂きました・・・有難う(✿╹◡╹)

☆他の木々も自分で管理できる高さ、大きさを考え縮小しています・・・残念ですが・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 18:26Comments(4)樹木

2017年06月11日

金鎖 (きんぐさり)

黄花藤(きばなふじ)、 ゴールデン・チェーン)
キングサリはフジに似たマメ科の植物でヨーロッパ中南部原産の落葉性小高木です。


キングサリは名前のように、金色の鎖のような花序がぶら下がって咲く、とても美しい 花木で.
たんぽぽは初めて見たのが、散歩中に札幌のよそ様のお庭でした
其の後、我が家にも1本と土手の方に植えた物の、結構成長が早く大きくなりました
新緑の中の黄色いマメ科の黄花藤、今が見ごろ山藤と一緒に咲いています(✿╹◡╹)
生長が早いために選定した事も有り、花数が少ない

「キンクサリ」
ソロソロ木々のお花も見頃でしょうか?山藤と同時に開花デス
我が家土手から見下ろす・・・傾斜が有るために側へは寄れません

剪定した事も有り花数は少なくなりました

☆山藤が見ごろになりました
 藤色が少し早目で、白は後に花が見られます(✿╹◡╹)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 16:56Comments(0)樹木

2017年06月04日

御衣黄桜

気温11℃/ 8℃の雨の1日、真冬並みの暖房を入れています
見れば、半袖姿・・・風邪でも引かないと良いのですがね?(笑)
先日、ふぉれすと鉱山の帰り道に、亀田公園を回り「御衣黄桜」を見て来ました
5月24日には花は終わりに近い綺麗な桜が見られラッキーでした(✿╹◡╹)

「御衣黄桜」
お天気は今一でしたが、見頃に時期に見られとても綺麗でした

亀田公園周辺には綺麗な桜の樹が数歩植えられ良い桜観が楽しめました

☆1日が早く・・・今年は桜の時期もあっという間に過ぎました


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:43Comments(2)樹木

2017年05月27日

樹木 アオダモ

アオダモ(青梻)とはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹である。
雌雄異株。別名:コバノトネリコ、アオタゴ。
アオダモのアオの由来はいくつかの説があり、雨上がりに樹皮が緑青色になること、
枝を水に浸けて暫くすると水が青い蛍光色になること、
高級感を出すために黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用されたこと、
青い染料に利用されたことなどによるといわれている
日本では北海道から九州までの山地に広く分布している。
南千島や朝鮮半島にも自生している。街路樹や公園木として植樹されることも多い。


この度のふぉれすと鉱山の「カマンベツ 木漏れ日の森」散策から樹木
今回は30分程度の道程をゆっくり丁寧にお花を探して歩きました
川沿いに日頃目にしないお花が1本、葉は一見紫式部の様な葉?木肌は「ヤチダモ」の様な?
しかし、見当つかず、帰りましてから調べた所「アオダモ」では?
アオダモは良く街路樹等で目にするものの、樹が高木でお花までも見た事が有りませんでした
確か・・・苫小牧へ行った際に車窓で遠くから見た記憶が有りました
今は新緑の季節、葉の綺麗な事!

樹木「アオダモ」
川沿いに綺麗な白いお花が・・・・

家に帰り専門家に問い合わせました

木肌は」ヤチダモ」に良く似ていますね?

☆中々樹木までは手が届きませんね?


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:18Comments(2)樹木

2017年05月23日

我が家 紅梅

今日は少し寒い12℃/ 10℃暖房を入れました
庭に有る樹の1本、
お花は綺麗だが、成長率が高いので、毎年たんぽぽが自分の好みで選定するのですが、
梅でも種類があり、どうも良い形に成らないのは残念デス
そろそろ・・・良い形になっても良いと思い期待していました?
娘婿のご両親の家から、
頂いた1本は我が家では記念樹、大事に育てていますヾ(❀╹◡╹)ノ゙
この長い分だけが、今年の成長の枝・・・掘っておくとどれ程に大きくなる事やら・・・

我が家「紅梅」
毎年、真っ赤に花を付けるので、とても綺麗ですね?

兎に角枝がバラバラに伸び成長率が高いのには手余しの所が有る
向うに見えるのが、お隣の内の「枝垂れ梅」最初の頃は「枝垂れ桜」と見ていましたが、
どうやら梅の用である

☆枝垂れ梅には昨年の梅の様な梅が残って折、桜では無いよね?

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 16:29Comments(2)樹木

2017年05月22日

我が家 八重桜

我が家の八重桜が咲いたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
そろそろ八重桜が咲く頃には千島さくらも満開になり、桜からライラックへと・・・
今日も気温20℃/ 9℃暖かいと1日、畑の苗の水やりしました
畑では今年初の「アスパラ」2年物を植え、早くも数本のアスパラがなりましたが、
2年は食べれないと聞いて・・・よだれが・・・
その他、玉葱、ホウレンソウ、トマト、ナスビ、オクラ、キュウリ、大葉、南蛮等を植えました
今では畑もお花が半分を占めるようになり、畑は少しだけになりました・・・

我が家「八重桜」
たんぽぽが嫁いで2本目の桜、1本目は石垣工事でダメになり、その子供が大きくなりました

我が家では毎年選定をするのですが、昨年より花数が少ないように思いました

☆ここ数年はたんぽぽがお庭を管理、剪定は好みも有るので頑張ってます

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:11Comments(2)樹木

2017年05月13日

屋久島ハイヒカゲ

昨日は曇りのち晴れ・・・
あぁ~~~お天気は悪いし・・・と、殆ど諦めの中に散歩・・・
何と!「オオルリ」が目の前に・・・アララと「キビタキ」ご一緒?それも4羽程の群れ?
急いで双眼鏡とカメラを取りにも戻った物の姿は無し・・・トホホ・・・
昨日のキビタキにオオルリと連続の写真を楽しみにしていましたのにぃ~~~
又、本日はお天気も悪く、鳥の啼き声も少ないが?
相変わらず、あの大きな鳥の啼き声がこの辺に響き渡っているが、今だに正体が分からず?
分かった時点で・・・

「屋久島ハイヒカゲ」
主人の昇格記念に買った記念樹は最早10年を過ぎた・・・早10年・・・
庭師が持ってきた時は「屋久島ハイヒカゲシャクナゲツツジ」と、聞いた・・・まぁ~分かりやすいカナ?

数年に掛かりまぁ~るくカットして来た

後ろの灯籠は主人が亡き先代から譲り受けた際に記念に新しい物を仕入れた・・・
側には今年の餌台は「イチイの樹)より作られている

☆他に北海道のツツジが数本有るが、一際上品さを感じる樹である・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:03Comments(0)樹木