さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年01月10日

オオイヌノフグリ

昨日は気温も+7度とあり、暖かい1日、真冬と言うのにここでは雪は無し・・・
地元民もビックリΣ(=ω= ;)ゲッ!!!!
又、明日は-5℃/ -7℃とあり、日中の-気温は是も又、驚き・・・夜は稀に無い-7?
大雪になれば冬鳥も入って来るでしょうに・・・残念!
追い直し浜の陽当たりの良い個所では春の花が、花咲いていましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「オオイヌノフグリ」
春一番でしょうか?
マンサクは未だ花芽も上がって居ませんでした・・・


「たんぽぽ」
ここではたんぽぽが咲き始めていました・・・・

☆今年は今の時期でも雪が無いのは珍しい・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 18:12Comments(0)山野草

2016年10月12日

地球岬遊歩道のお花

10日の遊歩道のお花達
秋のお花がまだ綺麗に咲き誇って居ました
気になるトリカブト、アキノキリンソウ、ゴマナ、大文字草、野菊等の他二輪草の狂い咲等が・・・
春とは違い、地味な感じに咲いていました(✿╹◡╹)

「秋の山野草」
中々今の時期には足を延ばさに事から、見られ無いお花大文字草

アキノキリンソウ

ゴマナ

二輪草の狂い咲

☆トリカブトは群生している個所がかられて折、種類は1種類のみ
何せ急ぎ足でそっと歩いて来た物で、お花さがしは出来ません(笑)

☆反省する点
 秋のお花はあまり力が入らない事も有り、勉強不足(笑)・・・反省しています




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:59Comments(4)山野草

2016年09月28日

岸壁に咲く花 桔梗

桔梗(キキョウ)はキキョウ科キキョウ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山野の草原に生える。
海外では、朝鮮半島や中国の東北部、東シベリアなどにも分布している。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)登録
草丈は40センチから100センチくらいである。
葉は長さが4センチから7センチくらいの細長い卵形である。
縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月から8月である。
秋の七草の一つだが、むしろ真夏が盛りである。


今年のお盆に息子家族と蟹釣り?
其処には沢山の桔梗が咲き乱れ感動しました
確かに・・・沢山増えているではありませんか?
何時もなら、「チャラツナイ浜」で見た居た岸壁の花が、
ここ「追い直し浜」の岸壁で見れるんですから~嬉しいではありませんか?
チャラツナイ浜は今は閉鎖されているので、この辺の岸壁ではここだけになりますかね?

浜の岸壁で見られる「桔梗」
半自然草原性植物?対岸の岸壁に生える桔梗

お花の知る人だけが目に入る程度の位置、皆さんは捜せるでしょうかね?

遥か遠くに~夢が有りマスね?

☆目が慣れると沢山ありました・・・嬉しい限りの多くの桔梗の花デス(✿╹◡╹)

☆今から10年にもなりますか?
 最初に発見した際には、余り物美しさに感動しました(✿╹◡╹)
 何たって・・・半自然草原性植物?



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:14Comments(6)山野草

2016年08月09日

壮瞥町のひまわり畑満開

今日も暑い29℃/ 22℃ 、札幌より4度位低い気温が続いているが、
大人では堪える程では無く、動くと暑さが増すね?
北海道の子供たちの夏休みが伺われますヾ(❀╹◡╹)ノ゙
7月23日、お隣の街のヒマワリ畑を新聞に載っていたので、時期を見て見て来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
夏の風物詩、元気を貰って帰りました

壮瞥町「ひまわり畑」
今年も見頃になりお見事でした

元気一杯、子供たちも良い夏が迎えられましたね?

一方の湖畔の夏のヒマワリ畑

☆我が家の北竜町のひまわりのお花も畑の方では満開、2年に種を分け植えました

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 11:56Comments(2)山野草

2016年06月25日

ラワンブキ

雨よく降りますね?仕事がどんどんたまってきました
少しでも草を毟らないと・・・
家の周りの蕗も良く伸び、草の中の蕗も小さく見え隠れ・・・
この雨にもメゲズに蕗を1本包丁で切って来ましたが、傘は使えませんでした・・・
その蕗の根元からは水が流れ出し、食べごろでした
蕗も時期が有り、時期が一番美味しいかと思いマスヾ(❀╹◡╹)ノ゙
蕗はお向かいさんから頂いた2株、今では随分増え、我が家だけでは食べきれません
それと同時にこうした山蕗、料理する方も少なくなりましたね?

「ラワンブキ」
大きな、大きなラワンブキは2M有りましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

サッと塩を振り板刷りをして、熱湯で5分程、後、水に浸けまして、明日料理を考えています

☆ラワンブキは道東の蕗ですが、環境が遭えばここでも育つんですね?

☆そろそろ余り物の雨で畑の野菜が心配になって来ましたね?トホホ・・・デス

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:47Comments(4)山野草

2016年06月18日

スカシユリ

スカシユリ(透百合.)は、ユリ科ユリ属に属する植物の一種 。
海岸の砂礫地や崖などに生える多年草。大きさは20cm - 60cmとなる。


今日の散策から、今週は雨続き、やっと晴れました
年々遠くなる浜への散歩道、頑張らなければトボトボ足を延ばしましたが、
意外に近く感じたのはお天気に救われました
あちらこちらに飛び舞う(エゾシロチョウ)
今年は何処で産卵するのでしょうね?
お隣の桜の樹に沢山の蝶?気になっています・・・・(笑)
海岸のあちらこちらに綺麗に咲いたスカシユリは山野草ですが、綺麗ですね?

「スカシユリ」
本日のは追い直し浜のスカシユリ、この辺の海岸地帯には何処にも咲いています

浜の岩場の草むらに生えるスカシユリ、草原を思わせるような青空の中沢山咲いていました

☆以前は浜に咲く花を拾っていましたが、年々遠くなりました・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:34Comments(2)山野草

2016年06月02日

クレマチス モンタナ ルーベンス

山野草 宿根草 
山野草:クレマチス モンタナ ルーベンス
イギリスでは「つる性植物の女王」と呼ばれているクレマチス。丈夫で育てやすく、
ガーデンになくてはならない存在とされています。また、バラのパートナーとして、
アーチやフェンスなどで空間を立体的に演出する花としても、人気が高い植物です。


お友達の家から~我が家に来て数年?如何程の年数がたったんだろう~?
1年の早い事!
辿って見ても思い出さない…残念だか?
囲った竹の竿も今にも崩れそうになり、業者に昨年頼んだのだが、未だに来ない・・・
小さい庭と言え、お仕事も後回しにされのは遺憾に思う・・・
そして・・・1年、2年の今年には、もう~手の掛かる庭の管理に手甘し・・・後は自然体に・・・と、
考えるようになったのは非常に残念で有る
先ずは今年も綺麗に咲いてくれて、ありがとうと言おうヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「クレマチス・ モンタナ」
今年も綺麗に咲いてくれて有りがとう!

どんどん蔓が伸び元気一杯のクレオマチス

昨年、上に伸びた鶴は思い切って、削除、今後は小さくしていく方向に考えています

☆この種がどんどん伸び元気の良いお花、庭が狭くなって行きますね?


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 14:14Comments(0)山野草

2016年05月22日

フデリンドウ

フデリンドウ(筆竜胆)は4,5月に咲くリンドウ科の花。乾いた草地や明るい林に生息する 越年草
リンドウ科の二年草。北海道~九州,東アジアの山野の日当りのよいところにはえる。
茎は高さ5~10cm,根出葉はなく,茎葉は卵円形で接近して対生する。春,茎頂に数個の花を開く。


15日、萩の里公園で、22日谷藤川で・・と、有る所にあるようで・・・ですが?
地球岬遊歩道では最近は一向に観ません!昔は有った筈?不思議デス
小さなお花ですので、目を皿のようにして見なければなりませんね?
白老ポロト湖にも沢山見れれマスね?
ごく小さい花ですので、足元をご注意しながら、探すと良いでしょう(✿╹◡╹)

「フデリンドウ」
小さい可愛いお花は谷藤川のお花

萩の里公園で、迷った道で出遭いが有りました

☆勿論三角山に沢山見ましたね?(✿╹◡╹)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 23:44Comments(2)山野草

2016年05月20日

サクラスミレ(桜菫).

サクラスミレ さくらすみれ(桜菫) スミレ科
花の直径2.5 cm前後で、野生のスミレの中では最も大きく、 そのため、菫の女王とも呼ばれている
花弁 の色は、淡紅紫色~紫紅色で、信州にあるものは色の濃いものが多いようです。


去る15日、萩の里自然公園で見て来ました・・・
昨年は捜せず、今回は草刈されて折、僅か一輪その姿が確認してきました
以前にはある程度の大きさに成長していて、見ごたえがありましたが、今回はアワレな姿
刈られては増える筈が有りませんね?
菫の女王ならば、モット華やかな姿で見たい物ですね?他では見た事は有りません・・・

「サクラスミレ」
僅か一輪、確認してきました・・・

☆画像も1枚切り?葉が数枚あり、根元から出ていました・・・
 側にはタチツボスミレが沢山見られました・・・








  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 10:18Comments(2)山野草

2016年05月19日

イソスミレ

イソスミレ(磯菫)は5~7月に咲くスミレ科の花。
海岸の砂地に生息する多年草。花の色 は紅紫色で、色には濃淡の幅がある。
花弁には丸みがある。
側弁のつけ根には毛は 生えない。距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)は白い
鳥取県から北海道までの主に日本海側に分布


海岸に咲く「イソスミレ」は若干早い感じで、砂浜に咲く花を見に行くことが出来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
広い海岸、花は小さく何時行っても探すには容易ではありませんね?
数年前にお花に詳しい方が、調査し教えて頂きました際には、
海岸の端から端と、見て歩きました頃が懐かしい・・・

「イソスミレ」
砂浜で大きな株を見つけました(✿╹◡╹)
砂浜ですから、根は相当に深いのでしょうね?

花数は数株、砂浜に埋まるように生えていました

☆他かがすみれ?
 その種類も相当あり、お花の深さをしみじみ感じています~♪



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 03:21Comments(2)山野草

2016年05月17日

シラネアオイ

シラネアオイ(白根葵) キンポウゲ科(シラネアオイ科として分けることも多い)
シラネアオイ属の多年草の1種。深山の植物。日本固有種の1属1種である


そろそろ~と白根葵の開花では?と、思い筒、1個咲いたとかと言う、情報を元に15日 日曜日
花見後に足を延ばしました
14日は気温も高く、良いお天気でしたので、15日は一気に咲いたように綺麗なお花が見られました
センターハウス駐車場から入り、
さくらスミレを観賞、センターハウス→白根葵コースに入り→標高84,2の三角点→一本杉コース→
高圧送電線西入り口→町道石山大通りに出てセンターハウに出る予定?
センターハウスの駐車場まで車道を歩きました
何度来ても迷う山の道・・・まだ通いたいりないのでしょうかね?(笑)

等々我が家の白根葵の花は付かずに葉だけの用でした・・・
数年前は綺麗な立ち姿で、野生の女王と言われるように美しい姿に見られたのですがね?残念!

「白根葵」の他に
さくらスミレ、ツボスミレ、フデリンドウ、カラマツソウ、オオバナノエンレイソウ、シラオイエンレイソウ、
クロミノ、アオミノ、オオヤマフスマ、水芭蕉、紫ケマン、ミツバツチグリ、ホウチャクソウ、アズキ菜、
キカタバミ、ヒメイチゲ、コウライナンテンショウ等
その他にも見たい花が有ったが、私には探せなかった!・・・残念デス

「鳥観」
オオルリ、キビタキ、アオジ、ハシブトガラ、ムシクイ、ヒヨドリ等、沢山啼き声が聞こえ良い散策日和
綺麗なお花に綺麗な小鳥の囀り、最高の散策日和でした

「しらねおあい」
本日開花でしょうか?全開の1輪

シラネアオイの大輪の蕪

無造作に辺り一面に見ら開花してた・・・

☆お花の時期は難しく、桜観賞後、足を延ばして見て来ました・・・感謝!感謝です!!


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:21Comments(2)山野草

2016年05月15日

フキ(蕗、苳、款冬、菜蕗)は、キク科フキ属の多年草。

昨日は気温も高く、良い春日和
家に居ては勿体ない陽気・・・庭で畑仕事・・・と、軽い運動程度の鳥観をしながらのお仕事・・・
ソロソロ蕗の季節、時期を見て採らなくちゃ・・・

「蕗採りに方に一言」
先日、お向かいの蕗畑に毎年同じ車が止まる、あぁ~蕗採りに来たな?と・・・窓に見えた
小さいな子供連れである
私からではまだ蕗は早いように見て居たが、ビニールに入れ、大人三人のお仕事
子供は小さいのでお若い方だと思うが、
よそ様の敷地、断って入って居るののかなと・・・毎年見ている事もあり、数回来ているのでお近く?
其処の蕗も時期が来れば、持ち主さんは草刈に入る・・・
子供と言えば、子連れで、我が家の鬼灯を根毎、手に持っている親が居た・・・
しかし、子供のいる前では注意は出来なかった・・・(汗)

我が家、敷地での数本の蕗でも食べ頃となると、さぞ美味しそうに見えるのでしょう?
我が家の蕗は採られない内に取らなくちゃと・・・思案?
家には垣根がしている有るのですが、それでも食べ物だと思うと、手が出る人の気がしれない・・・

私は他人ごとでは無いが、お隣さんには断る事も無いが、ご近所と言うと事で一応お断りしている
その土地は札幌の方が所有している

「蕗狩り」
ここでは数種類の蕗が有るようです
キット名前も有るのでしょうが、何処から来たのか、誰かが植えたのか、水の滴る蕗を採って来て、
早速下ごしらえ、塩で板刷りした物を、5分程茹で、水に浸した・・・

結構背丈のある蕗で、良質の物と見ている・・・

☆今朝は早速の蕗飯・・・楽しみ・・・花見に行ってきます(✿╹◡╹)




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 06:49Comments(0)山野草

2016年05月12日

エゾエンゴサク( 蝦夷延胡索)

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)は4~5月に咲くケシ科の花。
山地の林の中や原野に生息 する多年草。開花時期は4~5月である。
長さ15~25ミリくらいで先が唇状の小さな花 が茎の上部に総状に数個つく。
花の色は青、紫、赤紫のほか、稀に白花も咲く


蝦夷延胡索と書いてエゾエンゴサクと読む花はケシ科のブルーが綺麗なお花
ファンも多いようですね?
今年は何故か、あまり綺麗に見えなかったのは気の精でしょうか?それとも時期が・・・?
カタクリのお花との競演は特に見ごたえが有りました
今年のカタクリの花の開花状況にばらつきが有ったのかも・・・
その中からも探し求めて数点のアップにしました

「蝦夷延胡索」
先ずは地球岬遊歩道のお花から~
お花は「ヒロハエゾエンゴサク」が多く今年は特に葉が広いように見て来ましたが、
何度か探しましたが、有る筈のホソバは見つけられませんでした
エゾエンゴサクにキクザキイチゲ、オオウバユリの葉等が混じって、
ヒロハの葉が特に大きく感じました(21日)・・・

こちらも同じく群生場所で、エンレイソウの葉、カタクリの花等と混生している

こちらは善光寺境内で色違い日於いて・・・(25日)

同じく善光寺で地球岬遊歩道で探せなかった「ホソバエゾエンゴサク」
ホソバは細いので区別が付きますね?

☆エゾエンゴサクの白は遊歩道でも毎年見られるのですが、
 今年は捜せませんでした・・・そんな年も有るのでしょうね?



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 06:55Comments(0)山野草

2016年05月11日

ニシキゴロモ

ニシキゴロモは,シソ科 キランソウ属
日当たりのよい草地から渇き気味の林の中などに多い多年草。
主に日本海側に生えるが太平洋側の低地で見かけることもある。
花は白色が多いが,特に太平洋側では青紫色のものを見かけることもある。
太平洋側にはよく似た変種のツクバキンモンソウも多い。
これはニシキゴロモに比べて花の上唇の裂片が目立たないので識別できる。


今年は沢山の地球岬遊歩道へ足を運びました
お花はどんどん移り変わって新しいお花が出て来て、野生の蘭の楽しめるのでは?
小さな可愛いお花にも素敵なお名前が付いていますね?ヾ(❀╹◡╹)ノ゙
各々花の時期が違い、その時期に行けない事も有り、
今年はこのお花の綺麗な開花を5月11日確認しました

「ニシキゴロモ」
沢山通った甲斐があり、綺麗なお花が見れました(✿╹◡╹)

まだ雪解けが早い時期には泥が被り、雨が少なかったような気がする・・・5月1日の画像
背丈が低いので、探すには容易でないかも・・・、目が慣れると探せます

☆1個、1個楽しみながらの山野草探し・・・付きませんね?


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 18:50Comments(0)山野草

2016年05月10日

フラサバソウ(フラサバ草)

フラサバソウ オオバコ科クワガタソウ属の植物の一種 。ゴマノハグサ科クワガタソウ属の越年草
ヨーロッパ原産で、日本には外来種として定着している。別名を「ツタバイヌノフグリ」と いい、
学名及び英名も同じ意味である。


去る4月25日、有る登山口にオオイヌノフグリの花に似た小さなブルーの花を発見
今日まで「タチイヌノフグリ」若しくは「イヌノフグり」とばかりに思っていました
春先に海岸線で見たあの小さな花が、これほどの背丈に育つとは思って居ませんでした・・・
アップに当り、詳しく調べて見ました・・・
春先のみに限らずに、再度見て歩かないと行けませんね?
当日はお花畑は一面に咲き乱れ、お花に囲まれ良い散策でしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「フラサバソウ」
お花の時期が変われば、辺りも違って覆い茂って居たお花の綺麗な事!

一面のブルーのお花畑、小さいお花が一杯!お見事でした(✿╹◡╹)

☆毎年同じ場所で、同じ時期で・・・再度お勉強させて頂きました・・・(反省)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:08Comments(2)山野草

2016年05月08日

善光寺のカタクリと花

本日、全国的に母の日 快晴ですヾ(❀╹◡╹)ノ゙ 
気温16℃/ 9℃と言いゴールデンウィーク最終日、良い1日で有りますように・・・

去る4月25日、カタクリのお花を見に立ち寄りました
久々の訪問、何度か尋ねていた物の、有珠湾駐車場から入って居た事も有り、
国道からの道は定かでは無かったが、まずは展望台を目指して・・・
境内を歩き「スワン展望台」を目指して歩いた・・・迷いに迷って…かな?
展望台のすぐ側のカタクリ群生地も、遥か彼方だった・・・(笑)
あれこれ・・・ここ国道からは10年は過ぎていた・・・
そこで見た「カタクリの花」の群生地はすっかり、整備され綺麗になって居たのには驚き!
以前は金網で覆われたような気がする、中に入れなった・・・

「カタクリの花」
市内でもカタクリのお花が他にも有り、全コース見て歩く訳にも行かず・・・気になる善光寺の花

敷地内にはロープが張られ、道も歩きやすいようになっていました

「ヒナスミレ」
石割ザクラ側に有る可愛いピンクのスミレ

「サンシュユ」
この花はお初ですが、サンシュユでは?国道沿いからの散策路は変わった樹に目が行きました・・・

☆お花はもっと有ったでしょうが、時間の関係と時期が少し早いかった事も有り・・・
 その後は善光寺の桜も有名なので、その時期は素晴らしいね(✿╹◡╹)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:44Comments(4)山野草

2016年04月16日

カタクリの花 Ⅱ

昨日辺りから、窓を開けると「ウグイス」が啼いている~♪
「ホーホキョ」~♪と、聴こえ「ケ」が抜けいるように聞こえるが姿が無い・・・
綺麗な声が聞こえるのも間近だね?

そんな中、気になるカタクリの花を先日のコースを再び回ってみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
午後から用も有る事で、短縮コース・・・歩数計3,000歩

昨日から「キクイタダキ」が庭のイチイの樹に行ったり来たりで賑やか・・・玄関フードからパチリ~♪
まぁ~の出来栄えで満足(笑)
近くの「北コブシ」も花咲き始め、いよいよ梅、桜と開花して来るのは無いでしょうか?
昨日は「行者ニンニク」を採ったり、キタコブシを見たりで、春を満喫(笑)
花も鳥も順次にアップしていきますね?

「カタクリの花」
斜面に咲く花

翌日の伸び具合を見に行った・・・

昨日アップしたしたカタクリの花の成長ぶりを見てきた・・・
どうやら昨日が一番綺麗な見どころだったように思う

☆一日の成長ぶりを見て来ました
 花はその日その日に成長しますので、姿が変わっていましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆今日は昨日見た特にキクザキイチゲの美しさに魅せられ、再度足を運びました

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 12:38Comments(4)山野草

2016年04月15日

2016年カタクリの花

家の前の延齢草が咲いたと言う事で、地球岬岬方面の我が家に近い位置の浜に面した斜面へ・・・
足を延ばしてきましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
其処には最早に入口からカタクリの花、ナニワズ、白のキクザキイチゲ等が咲きそろっていました
少しサボって居た「エゾノリュウキンカ」も満開の見ごろでした・・・工事が入り如何と心配していました

又・・・それではと、昨年の「白いカタクリ」の場所へも足を向けますと、1本は今年も1本・・・
それも早いことに花芽が上がり、お天気次第に開花でしょうか?
その側には「エゾオクサイシン」が生えていましたが、その葉さえも探せない開花状況
又、オオカメノキも新芽が見られる程度でした

お天気も左程良くない1日でしたので、遊歩道一周は控え帰宅・・歩数計9,000歩
何せお花もすべて開花一緒とはいきません・・・遅咲き、早咲きと何度も足を運ぶのがベストですね?

昨日は何処にでもあの未だ啼けない「ウグィス」が居たようですね?
お天気予報から見ると、気温が少し低い用ですが?今日?待ち遠しいのですが、まだ寒い!

「カタクリの花」
今年のカタクリの花・・・次々足を運ぶと開花した花が見ごろを迎えていました
初めてアップするカタクリの花のうしろ姿、茎が綺麗な色していましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
側には「行者ニンニク」が・・・

開花間近な花達の歓迎



☆少しのんびり構えていましたが、北海道の各地でも咲き始めましたね?
 青い鳥が来たら?と・・・お天気を見ながら遅れて終いました・・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 06:56Comments(4)山野草

2016年04月14日

延齢草

エンレイソウ(延齢草、Trillium smallii )は、ユリ科エンレイソウ属の多年草。別名、タチアオイ。
花弁が無く、3枚の萼片と6本の雄蕊、1個の子房で花が構成されています。
子房の色(果実の色)などのバリエーションが豊かで、
子房が黒紫色のものはクロミノエンレイソウと呼ばれることがあります。
他の変種や品種には、アオミノエンレイソウ、トイシノエンレイソウなどが知られます。


地球岬遊歩道のお花が気になる所、昨日も雨に・・・そして今日も雨でしょうか?
先ずは近間の今朝にお向かいのエンレイソウを見に行った・・・
お友達から測量山に可愛い小っちゃいエンレイソウが顔を出していると聞き、遠くに目をやったら?
もう~開花しているではありませんか?
ここでは「アオミノエンレイソウ」「クロミノエンレイソ」が群生してるのが年々増えているのは嬉しい・・・
地球岬遊歩道では「砥石エンレイソウ、緑のエンレイソウ」が増えているのは嬉しい!ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

今朝はすぐそこに「ウグィス」が啼いて居た用に聞きました
未だ上手に啼けないようですが、次回のお天気次第では綺麗な啼き吠えが聞こえると思いマス

「クロミノエンレイソウ」
こちらがクロミノになるのでしょうか?

「アオミノエンレイソウ」
従ってこちらがアオミノでしょうか?

☆身近で観察できるのは嬉しい!ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 08:49Comments(2)山野草

2016年04月13日

ギョウジャニンニク

ギョウジャニンニク(行者葫)はネギ属の 多年草。

ソロソロ山菜の時期とばかりに旬を逃さない様に楽しむ程度に摘んできましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
この辺の山々斜面に生えているが、
その斜面も意外と厳しい斜面に有る所には有り、沢山生えているが、思うように手に入らない
どちらかと言うと陽当たりの良い個所は背丈が低く固いような気がする
たんぽぽは人知れず斜面に有る物を季節を味遭うか程の量を摘んでいる
店頭では「キトピロ」と言う名で売られている物を購入し、
僅かながら根付いていた物が我が家の畑に有り増えている

「ギョウジャニンニク」
かなりの急斜面・・・足が救われる傾斜、無理の無い程度に笹に掴りやっと収穫・・・
昨年残念しただけに成長が良いヾ(❀╹◡╹)ノ゙
この見える部分のみ、ナイフで根を残し収穫
同じ場所で、昨年摘んだ個所は成長が遅い感じに見て来ました

裏山なので摘んでいるので、食べる分のみ収穫、その日の夕食に・・・

☆味見?
 茎も太く上等もの、昨年摘めなかった斜面、丁度の食べ頃、美味しかったデス
 味は今日の食べるだけの分をポン酢に漬け頂きましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:03Comments(2)山野草