さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2018年07月20日

バイカモ

バイカモ (梅花藻)は、キンポウゲ科キンポウゲ属の多年草の水草で、
イチョウバイカモの変種のひとつ。ウメバチモという別名もある


恵庭で見られるバイカモ (梅花藻)は、茂漁川(もいざりがわ)や恵み野中央公園に群生しており、
例年7月から8月頃までが見ごろです。

私達も恵みの中央公園でしょうか?見て来ました
以前に伊達道の駅近くでも見ましたが、お花は見られないでいました・・

「梅花藻」
初めてまして・・・綺麗ですね?(✿╹◡╹)

水の中からお花が咲くんですね?綺麗な水の中に育つと言いマスから?

☆散策はお天気が物を言いマスから、最高の花巡り、沢山楽しんできました(✿╹◡╹)

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:08Comments(4)山野草

2018年07月15日

ホタルブクロ

ホタルブクロ(蛍袋)とは、キキョウ科の多年草。初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる。]
開けたやや乾燥した草原や道ばたなどによく見られる草本で、
全体に毛が生えている。根出葉は長い柄があり、葉身はハート形。


23℃/ 16℃と小雨が・・・中々お天気に成らない今日この頃・・・7月の中・・・
部屋の中は寒く、身体に堪える・・・
畑の管理、草むしりをしながら、テレビを見ている(笑)

数年前に浜に行った際に頂いた花が元気に花が咲いた・・・
植える場所もやっとだったので、その辺辺りにバラバラに姿が有ったが、
今年からお世話になった除草剤の精か数が少なくなった!
確か・・・白も有った筈だが・・・何処かへ消えた・・・
又、こうして小高い位置に種が飛んだのか?1本元気にサクラソウの合い間から花が咲いた
花数は幾つだろうと・・・元気な花には元気を貰っている

「ホタルブクロ」
1本から花が15個は付いているのでは?花の合い間に目が出ているので、分けなければ・・・

☆この子は庭の片隅に遠慮がちに咲いているよ(笑)



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 13:48Comments(0)山野草

2018年07月06日

山野草 オニシモツケ

オニシモツケ(鬼下野 )はバラ科シモツケソウ属の多年草。
別名、ケナシオニシモツケ、ウスゲオニシモツケ。


卯の花は私の所の垣根、今は満開となった!
久々に満開の綺麗所ではあるが、この雨でどれ程に楽しめるかな?
卯の花向うの土手には「オニシモツケ」に見ごろを迎えている
良く見ると、ここでは赤い物が目立つ・・・花は白が多いが、栂池には薄い赤もある
但し花びらが赤いのではなく、ガクのような赤いので、遠目では赤い花に見える?・・・と、有る
土地柄でしょうか?
こうして赤が目立つものもあれば白だけの物が有り、それぞれにお花は綺麗ですね

「オニシモツケ」
今回は良く見ると赤い色が綺麗!

場所に寄っては白一色もあり、お花の時期はどの花も綺麗だね?ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆ココでの「オニシモツケ」は初めての書き込みになるかな?

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:08Comments(0)山野草

2018年07月02日

エンレイソウの実

エンレイソウ(延齢草)は、ユリ科エンレイソウ属の多年草。別名、タチアオイ。

雨が続いているが、今日は雨の中の晴れ間があり好天となった・・・
外はムッとした夏日和、家の周りで「フタスジチョウ」が玄関辺りでひらひらと長い時間居た様な?
畑に行くとベニシジミ、セセリチョウ等も見た!
1匹はシジミチョウな小さな蝶も見たが、停まる事も無く何処かへ・・・
今春に家の前に「コウライナンテンショウ」の花が見つかった
人知れずに何時からここの住民になったかのように大きな姿を不思議に見入っている
春には花、秋には赤い実が生るのを観察が出来てい嬉しい・・・
今日はエンレイソウの果実を摘みに行って見た
エンレイソウの 果実は稜のある球形で、色は黒や緑など変化があるが、
「クロミノ」とか「アオミノ」言う、変種?ここでは2種が見られ、
今の時分にはこれ程に熟して・・・この雨で殆どが落ちていた
先日のお友達と柔くなった食しょうねと楽しみにしていたが、食べごろには友は間に合わなかった・・・
友達は子供の頃、良く食べたと言い、この時期を待っていたが・・・
食べては美味しいのは確かで有る(✿╹◡╹)

エンレイソウの果実「」
食べ頃の時期に既に塾し過ぎ・・・???後にはコウライナンテンショウが生えていた!

撮影用にやっと、見っけの実、楽しみしていた実は既に塾し過ぎ状態?あれ程に小さな実がこれ程に大きくなるとは???

☆何度か実になり食べ頃を待ったが、熟するとあっという間に実が重いのでしょう?地面へ・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 22:39Comments(2)山野草

2018年06月30日

山野草 ノラニンジン

ノラニンジン セリ科 ニンジン属の2年草 ヨーロッパ原産の帰化植物

今日は珍しい気温25℃/ 18℃、畑に出るとこの度の雨で雑草が伸び放題・・・
外に出ると蚊に刺されるために出る様な物・・・慌てて家に入る・・・
しかし、この度の雨でやっとインゲンの芽が一層大きくなった・・・
2度の渡って蒔いた種・・・・果たして間に合うのだろうか?

先日、浜に行く道中でこの花「ノラニンジン」があちらこちらに観られ新鮮な感じで見てきた
レースの様な美しい涼しげな花、結構愛好家が多い・・・
花の心がぽちっと色づているのが可愛いヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「ノラニンジン」
この子の花もしっとりグリーンかかって、真ん中がピンク色が何とも言えず可愛い・・・

花の少し早目・・・これからがもっと綺麗なレースの様な花が見られるかも?

☆まるで野良犬、野良猫の様な花、空くまでも頼もしいと言う事でしょうね?(笑)

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 18:07Comments(0)山野草

2018年06月26日

浜に咲く花達

浜には浜に咲く花が有りマス(✿╹◡╹)
その浜にも違いが有りマスが、私の家から程近い浜の花の紹介
お友達数人と浜の花を観て来ました・・・
先ずはハマボウフ、ハマエンドウ、ハマベンケイソウ、ハマナス、ハマヒルガオ等浜の名が付く他に
蝦夷オオバコが見られました
その他、先日アップしたエゾスカシユリが見られました・・・追加画像

「浜の花」
先ずは沢山のハマヒルガオ ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草

ハマエンドウ マメ科レンリソウ属の多年生

ハマボウフ 被子植物のセリ科ハマボウフウ属の一種。 海岸の砂地に自生する海岸性の多年草

ハマベンケイソウの花ムラサキ科 は未だかな?この子はここに一株のみ?

綺麗に咲いていた見頃のハマナスの花 バラ科バラ属の落葉低木

岩にへばり付いたオオバコは蝦夷オオバコでしょうか?オオバコ科オオバコ属の多年草

エゾスカシユリは前回と同じ

☆自然の力って凄いですね?その他にも道端の花も自然体で見ごたえがありましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 21:23Comments(0)山野草

2018年06月22日

エゾスカシユリ Ⅱ

(蝦夷透百合)スカシユリの近縁種であり、
北海道の海岸草地や山地の岩場などに生える多年草。
ユリは横向きに咲くものが多いが、エゾスカシユリは上向きに咲く。草丈は30~60センチ位


この度、札幌で見てきた花は色もお見事、とても綺麗でしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
体調を崩し、久々の札幌・・・元気貰って帰りました・・・
札幌ではお天気が悪く、程々に帰宅し、家では雑草刈が忙しい・・・(笑)
先ずはこの寒い中の苗もどうにか持ちこたえたようで、これからのお天気に期待したい!ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「蝦夷透百合」
帰宅後も浜に行き見て来ましたが、殆ど終わりに近い感じでしたが、ここではお見事のオレンジ色
これ程に環境では違いが有るんですね?

綺麗なオレンジ色の他にも少し薄いオレンジも有りました

☆今日は近くの浜へ・・・時期が終わりつつ・・・草刈が行われていました・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:48Comments(4)山野草

2018年06月13日

エゾスカシユリ

エゾスカシユリ (蝦夷透百合)スカシユリの近縁種であり、
北海道の海岸草地や山地の岩場などに生える多年草。
ユリは横向きに咲くものが多いが、エゾスカシユリは上向きに咲く。草丈は30~60センチ位


今日も寒い1日・・・11℃/ 9℃と冬並みの寒さ・・・家は暖房を入れてます
今日は生憎のお天気ですが、気になる花を観て来ました
そうですねぇ~傘差しての散策、お友達の都合もあり3人で観て来ました

スカシユリ、エゾスカシユリの違いも確かめて来ました
ここでは浜の岸壁等に色鮮やかに咲いていましたので、良く目立ちますますが、
今日は生憎のお天気、次回にも咲く花を楽しみに再び訪ねたい!ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「エゾスカシユリ」
毎年、道東、道北で一面のお花畑を見ていましたが、ここではひっそりでしょうか?
有る所には、色鮮やかに群生している所もある

浜の崖に咲く花もお見事!

☆今日は大潮、随分と波が引いていました

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 18:25Comments(3)山野草

2018年06月01日

我が家のお客様 ノビネチドリ

今日はお天気も好い事から、庭裏の石垣の整備を行った・・・
草はどんどん伸び、イワミツバ、蕗、三つ葉、シダ、ハナウド迄?と、刈らなくては・・・
ここでは「フキバッタ」が毎年、産卵するので、すべてを刈る訳には行きません(笑)
フト、見ると綺麗なお花が・・・見覚え有る花「ノビネチドリ」である?
その辺周辺を綺麗に草を刈ったら、とても美人になった!ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

今年は畑の方にもツユクサの中に「ノビネチドリ」の葉が有った・・・花は付いて居なかったので確認のみ
以前にはその場所近くには大きな「ノビネチドリ」が映え、不思議に見ていた
・・・特に関心が無いので、そのままそこで毎年見られ、十年もしたら花は消えた・・・
山野草は10年が命?と、見て居たが果たして?その場から程近い個所で有る

「ノビネチドリ」
我が家、今年のお客様は大歓迎です(✿╹◡╹)

石垣の前の塔路の高さまで育った中にお顔が・・・

その他畑の方に葉が2枚・・・確かに・・・今年は花が付かないので1年目かな?
厄介の所、ツユクサの真ん中で有る(笑)

道路工事の際に頂いて来たのもココ塔路の側に華添えている

こちらも数年前の道路工事の際に頂いて来たが、大きく育ち立派に育って居る

☆ノビネチドリは2回目のアップの為に画像は小さくして貼りました





  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 11:10Comments(0)山野草

2018年05月26日

シラネアオイ

しらねあおい キンポウゲ科の多年草。日本特産。
深山に自生し,特に日光白根山に多い。茎は直立し,掌状の葉を互生する。
初夏,茎頂に淡紫色の花を一個つける。萼(がく)片は四個で花弁状。


昨日は草刈をお願いし、土手の方を草を刈って貰いましたので、辺りはすっきりしました
お花に見とれてあれよこれよで、辺りは一気に草に覆われました
今年は早めに除草剤のお世話にもなり、スムーズに流れています(✿╹◡╹)

今までは野生の蘭の女王と迄言われて我が家のメインでもありました花
其の後、管理も悪く、今年は駄目かとも諦めていましたが、遅れて細々と花芽が上がりました
山野草って肥料が居るのでしょうかね?大層楽しみにしていた筈が、哀れな姿に・・・
辺り一面が大きく育つのかな?と、楽しみにしていただけに残念!

「しらねあおい」
細々と花芽が付咲いています・・・(✿╹◡╹)

☆今年のしらねあおいは早かったように聞いています
 庭ではもう花が終わった用です・・・





  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 14:15Comments(0)山野草

2018年05月25日

ノビネチドリ

ノビネチドリ(延根千鳥 )は、ラン科ノビネチドリ属の多年草。

山には野生の蘭を有る事に興味を持って、
どんな所に自生しているか、どんどんと山に入りたくなった・・・
しかし、山にはどんな生きものかが要るともしれない山奥・・・
ある日ノビネチドリの群生地を見つけた・・
それは有る事、有る事!
面白さをまし、どんどん山奥へ・・・そんな冒険も楽しんだ日も有りました・・・(笑)
たんぽぽが出遭った群生地、有る日は50個もの数に達した
有る物は大きく、有る物は葉のみも・・・道路縁にも連なっているかのように沢山有った・・・
その道路縁で、元気に育って居るを見るのは本当に散歩して癒されいた
有る物は葉で隠したり・・・人には目立たない様にしたが・・・
行くたびに綺麗な物からどんどん消え、その場にはスコップで掘った後と足跡が残って居た
あぁ~~~~ここだけは残ってい居て欲しいと願った立派な樹蔭の蘭も数年後には等々姿無し・・
その数は50個も有った筈・・・何処へ・・・と、限りない盗掘・・・今も後を絶たないのは残念!
多分に崖淵の物は幾つかは残っているかと、次回でも覗いて見ようと思う・・・
ランの時期は少し後になるだけに追、見逃してしまう事が多い・・・

野生蘭「ノビネチドリ」
我が家の南に面した道路工事の際に道路に生えていた物を業者の方からお断りし頂いて来た・・・
もう~10年もなるかな?今年は特に成長した(✿╹◡╹)

この大きさは地球岬遊歩道では見られ無い大きさ・・・
たんぽぽのお気に入りのコースからは、
この大きさも物を数年に庇って隠していた蘭も昨年には等々盗掘されていた
庭では昨年の蘭の枯れた花共々、切らずに同時写真に収めて見た(✿╹◡╹)

こちらも道路工事の際に頂いて来た蘭、少し日陰の性か弱々しい・・・

☆その他、今年は自然に我が家に仲間入りしたノビネチドリがあり、葉のみが生えてきた(✿╹◡╹)
 近くには以前に自然に生えてきた事があり、不思議に見て居た蘭が有ったが?
 何時しか消え・・・その後の姿は無く、10年もしたら野生の物は消えるのカナ?とも見ていました


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 06:13Comments(2)山野草

2018年05月24日

ハクサンチドリ

ハクサンチドリ(白山千鳥)はラン科ハクサンチドリ属の多年草の高山植物。
和名は白山に多いこと、花の付き方が千鳥の飛ぶ姿に似ていることから名付けられた。
北海道~ 中部地方以北の高山帯の湿り気のある場所に生える
花言葉「間違い」 「素晴らしい」 「陽気」 「美点の持ち主」


毎年のように「アカハラ」がこのウグィス谷に響き渡るように啼く声が響き渡って居たが、
今年は珍しくもそのの姿が無い・・・それと同時に何時も鳥の姿が少ない・・・
我が家に良く来ていた「アオジ」があの小さい体で囀って居る姿は確認できたが、
もう1匹は確認できていない・・・

今朝、7時半頃外に出るとカッコウの声が微かに聞こえた・・・
間違いかもと耳を澄ましたが、間違いない「カッコウ」でした(✿╹◡╹)
カッコウが啼くと畑仕事にと言われていましたが、ここ数年、聞いて居なかっただけに嬉しい・・・

「ハクサンチドリ」
今庭で綺麗に咲いている花から、早朝の陽射しを浴びて色合いも綺麗に入った(✿╹◡╹)
我が家に来て数十年?・・・お花は3個になった・・・

イカリソウでアップした画像ですが、控えめに1本

こちらは園芸種、買った時点は名前がついていたが、その後は花名は分からない(笑)
お花上記に比べミニ型で背丈10㎝程・・・もしかしたら名前も違うお花かも?調べて見ます・・・

☆高山では少しお花は遅め、これからが山で見るのは良い季節かも・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:01Comments(0)山野草

2018年05月23日

サクラソウ

サクラソウ(桜草)はサクラソウ科サクラソウ属の多年草。
日本のサクラソウ類の代表で、日本では北海道南部、本州、九州の高原や原野に分布し、
朝鮮半島から中国東北部へかけても分布するが、野生の群落をみることはまれになっている。
また埼玉県と大阪府の県(府)花に指定されている


昨日は暖かい日差しで、1日気持ちの良い日でした
庭には沢山の花達が咲き乱れ気持ちよさそうにお日様に当たっている感じが見受けられました
この花は先代からのお花であり、今回アップは初めてではないかと思いマス
何故なら名前も分からずに引き継ぎ、今日に至って折庭のあちらこちらから花が咲き乱れている
今思えば、出所を聞いておけば良かったと悔やんでいる・・・
たんぽぽも山を登り、この花は何処にも見なかったような気がしている・・・
此の辺の山々ではオオサクラソウが見られる
オオサクラソウは我が家にも有りましたが、何時しかすべて消えました・・・

「サクラソウ」
本日初めてお花名が分かりました・・・
たんぽぽとしては大変にお気に入りのお花で毎年増えているには嬉しい(✿╹◡╹)

お花は群生する事無く散らばって何処からとなく姿が有る

向うにはシダ、ハクサンチドリ、昨日アップしたイカリソウの黄色も彩りを添えている

☆庭の敷地内にこれら小さいお花が風に優しげに咲いている・・・見頃だね?


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 00:19Comments(0)山野草

2018年05月22日

イカリソウ

イカリソウ(碇草、錨草 )はメギ科イカリソウ属 の落葉多年草。

今日は晴れて清々しい朝を迎えた気温22℃/ 11℃
外ではこの辺で繁殖して居るとみている「アオジ」が声高らかに啼いて居たのは嬉しいね?
庭には次々と花咲き、庭仕事も楽しい一時・・・アップも急がなくちゃ(笑)と、楽しみしている

朝はここ高台より、ハシドイ、姫ライラック、ヒメイズイ等を見てきた・・・
樹は老木となり、
ハシドイには花が無かった・・・姫ライラックも花少な目・・・綺麗な時期は終わったのでしょうか?

「イカリソウ」
黄色より少しづれて咲いて来たピンク系の花が咲いて来た(✿╹◡╹)

形も様々

側に有るサクラソウも居ろ華やか?

どちらも園芸種ではあるが、こちらの花が繁殖率も高く早めに花つけていた

☆草が茂り、気になる雑草狩り?嫌だね?(笑)



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 12:31Comments(0)山野草

2018年05月12日

八重のキクザキイチゲ

キクザキイチゲ(菊咲一華)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)とも呼ばれる。


早春の桜の咲く頃に「春の儚い草花」(スプリングエフェメラル)の代表的な早春植物
この子は数年前から園芸種等で大事に育てられ来たが、
翌年には見当たらなかったり・・・でしたが・・・其の後、お友達から頂いた子が増えつつある
以前は地球岬遊歩道で見た事が有ると言う方も聞いていましたが、
たんぽぽが興味を持ち始め散歩していた頃の前のお話のように聞いている・・・
小さいだけに庭に存在感が薄れ、雑草としてみなされ事があり、
雑草取りも人には任せられないでいる

「八重のキクザキイチゲ」
キクザキイチゲとは違い、一際小さい八重の花

八重咲の小さな白いお花

☆山野草はその年により消える花が有る・・・何時もまでも元気で育ってほしいお花の1本


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:29Comments(0)山野草

2018年05月01日

緑二輪草

ミドリニリンソウ (緑二輪草) キンポウゲ科
4~6月 15~25 cm程度 花が緑色のニリンソウ。
「ニ輪草」は一本の茎に通常2輪の花が咲く事から
【 生育地・特徴など】 ニリンソウの白い花弁が緑色に変わった変異体。


29日に子供たちが来たので、再び地球岬遊歩道へ・・・
其処では既にカタクリの花は殆どが終わった用にも見てきた
カタクリの花の後に咲く二輪草は早咲きも有るが、次の花になるね?
エゾオクサイシンも同じ時期になるので見て来ました
エゾオクサイシンの花芽は茎の麓に咲くので、探すには容易ではありませんが、
葉が区別付くと群生しているので捜し易いしている(✿╹◡╹)
又、この緑の二輪草もあの多くのお花畑から探すには、素人はちょっとと言う感じで難しい
例年だと中々その丁度の良い時期にも難しい事から、何時も同じ場所とは違い、ここでも多く見られ、
感動している(✿╹◡╹)

「緑二輪草」
久々の美しい緑色の花は誇り気に気取って見えました・・・

そして・・・近くにもう1本・・・

側では摘んでいる方も居たので(;◔ิд◔ิ) ドキドキ・・・ ハラハラ・・・

蕾も見つけました・・・

☆もっと有るよね?「緑の二輪草」さぁ~みんなで捜して見ようヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:10Comments(2)山野草

2018年04月28日

27日 地球岬遊歩道の花達

4月27日地球岬遊歩道を2人で歩いてきました(✿╹◡╹)
そろそろお花も見頃かと思い、あの小島延齢草、緑の延齢草と砥石延齢草狙いで・・・
二輪草は未だ早い感じでしたが、どうにか緑の二輪草も1個捜せました・・・
気温は余り高くは有りませんでしたが、良い観察日和、楽しんできました物をアップします
昨日は10時ごろからお昼過ぎまで、お弁当を持ちのんびり・・・歩数計12,00歩
野鳥はコゲラ、アカゲラ、ルリビタキの♀、アオジ、イスカの群れにガラ類等

「地球岬遊歩道の花達」
先ずは綺麗所探し?青のキクザキイチゲは如何でしょう?
此の辺の青は今年はお花が少なく残念していましたが、遊歩道も濃い色は見つからなかった!

少し色掛かった花も綺麗でした

今回メインの延齢草は緑の延齢草

砥石エンレイソウ…この子も中々増えませんね?

こちらは延齢草でも最も美しいとされているが、あの株が無い!あの大株は如何したのでしょう?
又、あの花びらの揃った物は1個も見当たらずに1まいのみでした

少し変わった色のエゾエンゴサク

ここでは珍しいオオバキスミレ

数多く見られましたタチツボスミレ

このニシキゴロモも多く見られましたが、無くなっている所もありました

可愛い色した二輪草・・・二輪草はこれからかな?

やっと見つけた緑の二輪草はこれからかな?

ひとりしずかの花


ここでは初めてのセンボンヤリが少しだけ見られました・・・何処からか来たのかな?

カタクリの群生地は・・・お花は満開か?終わり気味?それとも笹が覆い過ぎかも?

☆以上14枚綺麗所を貼りましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙・・・他略



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:15Comments(0)山野草

2018年04月24日

旬 浅葱

アサツキ(浅葱)は、ヒガンバナ科ネギ属の球根性多年草。
エゾネギを分類上の基本種とする変種。
ネギよりも色が薄く、食用とされるネギ類の中では最も細い葉を持つ。
別名はイトネギ、センブキ、センボンネギ、 センボンワケギ、ヒメエゾネギ。野草であり、山野で自生


春になり散歩途中にお友達に遭い、コノ子に出遭う・・・食べれると言う
今までに何の興味を持たなかったたんぽぽ・・・
お友達に摘み方を教わる?当時は背丈も短い頃、手で1本1本丁寧に摘んだ・・・勿論!一握り
早速食して見た・・・その美味しい事!今は手軽に手に入るのでハマっている・・・
家に帰ると我が家の庭、畑の方にもにも有った!・・・思わずに笑って終った!
伊達の道の駅でも今年の物として購入して食べたばかりだったが、その味がとても美味しかった!

「浅葱」
其の後も散策を重ね、美味しいそうな姿に思わず積んできたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
根の部分も美味しいらしいが、後の手入れも考え・・・まずは爪で詰める所から摘んで来た・・・

家に戻り早速お料理・・・まずはタコなどを添え酢味噌和えに

又はお味噌汁の具、カツ丼の彩、食べ方は色々・・・

☆今までは「あさづき」と呼んで居た様な?(笑)

☆今の時期、ねぎが美味しいね?畑の長ネギも食べ頃です(✿╹◡╹)




  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:05Comments(2)山野草

2018年04月22日

斑入りカタクリの花

カタクリは宿根多年草
早春に下向きに紫色から桃色の花を咲かせ春を告げる「スプリング・エフェメラル」の一つ
葉には縞模様があります。1年のうち10か月は球根で休眠し、
3~4月にのみ葉や花がでてきます。種子が地中に入って約8年で開花すると言われ、
平均寿命は4~50年程と推定され、球根から片栗粉が取れる
開花期か期間は2週間程

 
昨日は気温21度の9度と外に1日居ても暖かい1日でした
畑で畑に精を出していました
少しでもと、前に進めてお天気の悪い日は、若しくは気温の低い時はお休みし、
身体を労わり筒行っています・・・(笑)

エゾエンゴサクの帰り道についでとばかりに遠くへ、久々の遠出、白のカタクリの花を観て来ました
しかし、その姿は消えたのか何処にも見当たりませんでした・・・次回は???
側にはエゾオクサイシンが群生しているので、その頃に狙って・・・
その際に側に咲いて居たカタクリの花で遊んできました・・・カタクリ花綺麗だね?ヾ(❀╹◡╹)ノ゙

「斑入りカタクリの花」
お花は咲き始めてしょうか?森に陽が射しこみ、夢中で撮影してきました

ここではこうして色が薄い物多く見られるように見て来ました

沢山有る中から、この色が一番濃く出ていました

☆カタクリは2週間程の開花、沢山楽しまなくちゃね?

☆そこではオオカメノキも今芽吹いたばかりで、まだ早いのかも?


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 08:43Comments(2)山野草

2018年04月21日

エゾエンゴサク

エゾエンゴサク(蝦夷延胡索 )はキケマン属の多年草。
北海道から東北地方の日本海側に分布し、山地の湿った森林内、林縁部に生える。


主に北海道や東北地方日本海側に見られ、人里や山地の林床、 谷あい等で見られ
春に咲き、大群落を形成して人々の目を楽しませ其の色合いの美しい事!
そのファンも多い花
昨日はお天気も恵まれ、遊歩道までには行かない場所で咲いている群生地を覗いて見ました
まぁ~何と!先客?其の崖縁に車が停まって居ました
今回はパスかなと・・・やや暫くするとやはりこの傾斜に足を入れていた
暫くすると車の音がして居なくなった後にやっとの事でこの斜面を登り切った!
エゾエンゴサクは殆ど開花状態、その他にはキクザキイチゲ、エンレイソウが群生していた

本日はここだけで帰ろうとしたが、あの白いカタクリの花を観たくトコトコ・・・遊歩道方面へ
しかし、あの小高い角のエゾオクサイシンの側だった記憶?・・・
あれだけ楽しんだエゾオクサイシンの葉さえも忘れた・・・(笑)
そして・・・等々見つける事が出来ないで帰宅した・・・

「蝦夷延胡索」
昨日は延胡索を様子を見に行った、ここは陽当たりが良いのでしょう?見ごろを迎えていた

ここでは延胡索が多く葉の広い「ヒロハノエゾエンゴサク」が見られた

色も取り取り、水色の他、ピンクのお花も多く見られた

☆これ等の群生地で花に埋もれて写真を撮った事がある、バックはすべて水色で綺麗でした
 だが、今は時間が過ぎ遠くなりました・・・あの元気は何処に・・・


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 08:48Comments(2)山野草