さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2016年11月23日

オオハクチョウ

オオハクチョウ(大白鳥、Cygnus cygnus)は、カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される 鳥類。
オオハクチョウは3,000km、 コハクチョウは
4,000kmも日本から離れた北緯50度以北 のシベリアから、日本へ約2週間で渡ってきます。
渡り鳥は、シベリアと日本の間をノン ストップで渡って来る訳ではなく、
何度も中継地で休みながら渡っています


今年も幌別川にオオハクチョウが来ていると言う情報から、餌を持って見て来ました
しかし、その数は少なく・・・昨日は沢山居たと言う物の、残念!
数羽とカモメ、白鷺、鴨類等を楽しみました(✿╹◡╹)

「オオハクチョウ」
カモメの中の中に5,6羽のオオハクチョウでした

カモメは沢山いましたが、オオハクチョウの幼鳥は見えませんでした

昼食用のパンですが、パンの耳を…与えると野生のオオハクチョウが手元までやって来ていました

☆野生の鳥が餌を求めて人間の側に来るのは嬉しいですね?

☆ココでは餌を与える人たちが、家族連れで良くやって来ています(ー_ー)!!



つぶやき

等々雪が降り白くなりました・・・
冬タイヤ取り換えていません(笑)

雪の解けるのを待って、タイヤ交換を考えています

今日は吹雪状態でしたが、お買いもの済ませました・・・

同じカテゴリー(鴨 水鳥類)の記事画像
スズガモ
ウミウ
アビ
白鷺
アオサギ
キンクロハジロ
同じカテゴリー(鴨 水鳥類)の記事
 スズガモ (2017-01-21 08:06)
 ウミウ (2017-01-15 22:23)
 アビ (2017-01-11 12:40)
 白鷺 (2016-12-03 19:42)
 アオサギ (2016-09-04 19:35)
 キンクロハジロ (2016-03-25 05:03)

この記事へのコメント
渡り鳥が飛来する時節、日本各地で冬をむかえますね。
それにしても数千キロも離れた地から、飛んでくるなんて
凄いです。毎年日本で冬を過ごし、暖かくなる春にシベリアに
帰るなんてちょっと羨ましい気もします。
野鳥とはいえ餌を与える時、近くに寄ってくると可愛いですね。
北海道は大雪のようで、横浜も明日は雪の予報がでています。
Posted by フリーダムナツ at 2016年11月23日 22:13
フリーダムナツ様 今晩は☆

オオハクチョウは2週間程掛けて、シベリアから渡って来るようです
他の鳥も見られるので、
毎年やって来る頃には見に行っていますヾ(❀╹◡╹)ノ゙
渡って来る頃のV字飛行もお見事デス

今日は非常に冷え込みましたが、日中は陽が射し雪は解け助かりました
Posted by たんぽぽたんぽぽ at 2016年11月24日 19:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オオハクチョウ
    コメント(2)