さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2016年03月24日

オオハクチョウ

オオハクチョウ(大白鳥)は、カモ目カモ科ハクチョウ属に分類される 鳥類。
オオハクチョウ. ユーラシア大陸北部、アイスランドで繁殖し、
冬季になるとイギリス、 イタリア北部、スイス、中国東部、朝鮮半島、カスピ海や黒海沿岸で越冬。
日本では 冬季に主に日本海側の本州以北に飛来する。


5℃/ -1℃と未だ寒い中、お買いものがてらに幌別川の白鳥テラス迄、オオハクチョウを見てくる
前回とは違いグッと少ない8羽のみ・・・幌別川1周・・・歩数計10,000歩
他に、ウミアイサ、アワアイサ、オナガガモ、カイツブリ、マガモ等…マガモは沢山いましたね
若草経由登別温泉行→若草町1丁目、幌別川麓でバスが止まります
時間にしますと、3時間のバス時間、お買いものと散歩を楽しみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
お天気は晴れたり、曇ったり・・・雪にも見舞われました・・・まだ寒い!

「オオハクチョウ」
アレ!これってありなのね?(笑)
オオハクチョウの背中にカモメが・・・とっさの目の前のカモメに驚かせられました

数は極僅か・・・

白鳥の美しさに見入って来ました

☆前回は数えきらない程に居ました、渡ったのでしょうか?




つぶやき

23日の新聞から
登別市内で19日に発見された丹頂鶴2羽が
2013年と13年に日高町で生まれた個体で有る事が22日に分かった
丹頂研究者で専修大北海道短大名誉教授の正富宏之さん{83才)が識別した
「登別への移動が分かったのは非常に貴重」と話している

日高地方で、同一の親から生まれた「兄弟姉妹」と識別された丹頂
登別市幸町 研究者識別「そっと見守って」

貴重な資料だね?
何たって自然はそっと・・・楽しみたいね?


同じカテゴリー(鴨 水鳥類)の記事画像
スズガモ
ウミウ
アビ
白鷺
オオハクチョウ
アオサギ
同じカテゴリー(鴨 水鳥類)の記事
 スズガモ (2017-01-21 08:06)
 ウミウ (2017-01-15 22:23)
 アビ (2017-01-11 12:40)
 白鷺 (2016-12-03 19:42)
 オオハクチョウ (2016-11-23 17:50)
 アオサギ (2016-09-04 19:35)

この記事へのコメント
ハクチョウはウトナイ湖まで行かないと見られません。
何年見ていないのかな。
ゴメがハクチョウの背中に乗ってすっかりなれているんですね。

いいの見せてもらいました。
なにか餌を持っていたんですか・・・・・
禁止されているのかな。
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2016年03月25日 15:38
サンダーソニアM様 今晩は☆

カモメがオオハクチョウの背中に・・・たんぽぽも初めてでした
しかし、一瞬で、良くカメラに収めたなと感心しています(笑)

はい!行くときは餌を用意して遊ん出来ます
当日は学生さんが、自分のお小遣いでしょうか?
同じようなパンを持ってやって来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
自分たちもお腹が空いているようでしたよ(笑)
Posted by たんぽぽたんぽぽ at 2016年03月25日 20:58
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オオハクチョウ
    コメント(2)