さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2016年03月17日

シノリガモ

シノリガモ(晨鴨)は、動物界脊索動物門鳥綱カモ目カモ科 シノリガモ属に分類される鳥類。
本種のみでシノリガモ属を構成する
オスには独特な模様がある潜水採餌ガモ類です。北海道RDBで希少種に指定されています。
全体的に青紫がかった濃灰色で頭部や側頸、脇などに白と黒、栗色の斑が複雑な模様を描いている
メスは全体的に黒っぽい茶褐色で、耳羽と目の前方上側と下側に白斑があります。
北海道全域の海岸、港湾で見られる冬鳥です。
春以降、多くのカモ類が渡去した後も一部は残留し山間の渓流で繁殖します。生息環境:海岸・海洋


本日12℃/ 4℃の晴れマーク4つ 嬉しくなりますね?
3月12日の浜の風景 浜には沢山のシノリガモが居ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
家族連れでしょうか、青空の中に微笑ましい光景が見られました

「シノリガモ」
遠くから見ると良くは分かりませんが42センチも有るとは・・・北海道RDBで希少種に指定
この海岸では毎年見られ、春以降にも見られる

他の鴨は無く、この子のみの群れでした

☆毎年見られるシノリガモだが、「コクガン」が全然入って来なくなった・・・
 又、今年は言うまでも無く、鴨の数も少ない・・・


つぶやき

16日は「下肢血管の病気」
足の痛みやむくみの原因とその病気とその治療と題して、講義を聞いてきました
1時間程の血管外科医のお話
参加者100名程
資料も沢山用意され、大変に勉強になりました
歩行療法としては、
①出来れば毎日歩く②自分の歩く距離を知る③足八分目歩行、3分間休息を繰り返す等々・・・

歩数計7,000歩

同じカテゴリー(鴨 水鳥類)の記事画像
スズガモ
ウミウ
アビ
白鷺
オオハクチョウ
アオサギ
同じカテゴリー(鴨 水鳥類)の記事
 スズガモ (2017-01-21 08:06)
 ウミウ (2017-01-15 22:23)
 アビ (2017-01-11 12:40)
 白鷺 (2016-12-03 19:42)
 オオハクチョウ (2016-11-23 17:50)
 アオサギ (2016-09-04 19:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
シノリガモ
    コメント(0)