さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2015年08月27日

ナツアカネ

ナツアカネ トンボ科. アカネ属. 成虫は体長33-43mm、腹長20-28mm、後翅長23-32mm程度
アキアカネを若干寸詰まりにしたような体型をしている。マユタテアカネとほぼ同大である

”赤とんぼ”とは 一般にアカネ属のトンボと言います
ショウジョウトンボの用に全身真っ赤なトンボでも赤とんぼと言わないは何故?
赤とんぼと言う名のトンボは存在しません
秋の風物詩赤いトンボを訪ねて、ショウジョウトンボ、ミヤマアカネ、アカアカネの3種をアップしました
それぞれに成熟、未成熟とあり、識別は似た者同士が多い中、区別には難儀しています

当初は例年に無い暑い夏に、ナツアカネが庭に群れで来ました
余りにも赤いのには、驚いたものでした(✿╹◡╹)
其の後、ここでは見る事も無くなり、他の場所に移動して、今の時期にやって来るトンボに憧れ、
重い腰を上げ、鳥の居ない今の時期に見て来ました

「ナツアカネ」
広い原っぱで、一際赤が目立つナツアカネ♂は真っ赤のトンボはアキアカネより赤い


こちらは先月の画像ですが、未だ未成熟の♀

☆庭にはコノシメトンボが例年来ていますが?
 地方には寄っては大変に珍しいと聞いています
 良く札幌で見るトンボはノシメトンボ、それに良く似たコノシメトンボは今は来ていません



つぶやき

子供の頃のトンボは子供にとっては唯一のおもちゃ?
今では可哀そうな事をしてい物ですね?(笑)

今日は雨・・・散歩は出来ませんね?(笑)

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(トンボ)の記事画像
アキアカネ
ノシメトンボ
ミヤマアカネの倒立
ショウジョウトンボ
マダラヤンマ
ギンヤンマ 番
同じカテゴリー(トンボ)の記事
 アキアカネ (2017-10-03 08:37)
 ノシメトンボ (2017-10-01 17:28)
 ミヤマアカネの倒立 (2016-08-19 22:17)
 ショウジョウトンボ (2016-08-02 19:19)
 マダラヤンマ (2015-09-11 20:06)
 ギンヤンマ 番 (2015-09-08 08:24)

Posted by たんぽぽ at 09:20│Comments(2)トンボ
この記事へのコメント
庭に来たのは「コノシメトンボ」から~
数は非常に少ないです。
山の近くに行くと見れるんだしょうね。

円山動物園がひの熊とシマウマが死亡して、
動物園の内情がチョッと心配です。
めっきり涼しくなって来ました、体調管理油断が出来ませんね。
Posted by サンダーソニアMサンダーソニアM at 2015年08月28日 08:25
サンダーソニアM様 こんちは☆

今、お友達と散策し、後ランチ、10、800歩歩いて帰宅
丁度の距離かな?
少し、レベル落としました(笑)
現地では風が強い精か、海は大荒れ・・・
蜻蛉は殆ど、見ませんでした・・・

円山公園は暫くは行っていません
年間パスポートが有る時は何度か通いました
Posted by たんぽぽたんぽぽ at 2015年08月28日 14:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ナツアカネ
    コメント(2)