さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2014年08月02日

ウスバキトンボ

ウスバキトンボ(薄羽黄蜻蛉 )は、トンボ科に分類されるトンボ。
全 世界の熱帯・温帯に広く分布する。日本では夏から秋にかけて全国でみられる。
成虫の体長は5cmほど、翅の長さは4cmほどの中型のトンボである。
和名のとおり翅は薄く透明で、体のわりに大きい。
全身がうすい黄褐色で、腹部の背中側に黒い縦線があり、
それを横切るように細い横しまが沢山ある。
また、成熟したオス成虫は背中側にやや赤みがかるものもいる


トンボの早い時期に、この辺では集団で群飛する姿をよくみかけるトンボ
居ない所には居ないが、群がっているのですぐに分かる
余りの数で、良く止まらないと言いマスが、稀に停まる事もあり、それを狙って納めています

「ウスバキトンボ」
綺麗な赤い色はしている物の、赤とんぼではありません
アキアカネより一回り大きく、翅の幅も広い
又、こうして物にぶら下がったように停まるのも特徴ですね?

暫し止まるのを遠くから、やがて止まる・・・今回は何れも♂ばかりの様に見ています
やがて・・・二匹止まったが、何れも♂

☆トンボを観察するようになって見るようになったトンボ
 トンボは早い時期に飛ぶ大きめのトンボ、蝶共に見ていますヾ(❀╹◡╹)ノ゙

つぶやき

蝶も全部出そろったかな?
翅の傷んだ蝶も多く見かけるようになった!
蝶は生まれてすぐに交尾、その後、卵を産んで死ぬ短い命、それも宿命でしょうかね?

「アサギマダラ」は2度のチャンスが有りましたが、未だ撮れていません・・・

今日も30度有りました・・・良い暑さは気持ちが良いね?



あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(トンボ)の記事画像
アキアカネ
ノシメトンボ
ミヤマアカネの倒立
ショウジョウトンボ
マダラヤンマ
ギンヤンマ 番
同じカテゴリー(トンボ)の記事
 アキアカネ (2017-10-03 08:37)
 ノシメトンボ (2017-10-01 17:28)
 ミヤマアカネの倒立 (2016-08-19 22:17)
 ショウジョウトンボ (2016-08-02 19:19)
 マダラヤンマ (2015-09-11 20:06)
 ギンヤンマ 番 (2015-09-08 08:24)

Posted by たんぽぽ at 21:09│Comments(0)トンボ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ウスバキトンボ
    コメント(0)