さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2017年01月20日

シロカモメ 第2回冬羽

シロカモメ(白鴎、白鷗)は、チドリ目カモメ科に分類される 鳥類の一種である。
シロカモメ. 翼の先が白い、最大のカモメ。
全長:73cm 翼開長:166cm 主に北日本の 海岸に飛来。
遠浅の海岸を好む。 背の灰色は最も淡い。 若鳥の褐色は非常に淡い ので、白っぽく見える


昨日、大雪に見舞われ様子を見ながらの散策?
何と!昨日の雪掻きが腰にしているようだ!(笑)
朝は何時ものように、出来るだけの木々の雪払いを済ませ、ぼちぼちと浜の方へ・・・
浜への道はラッセル車が入り、道路は今日の+気温のお蔭で解けだしていた・・・
コースは替え、下の道から浜へ・・・
先ず出迎えてくれたのは「シロカモメ」シロカモメ第2回冬羽
シロカモメを初めて見た時は、寒い日に遠くからしか見られ無い鳥と思っていましたが、
今年は何処にでも見られるには驚きました・・・
歩数計7,500歩・・・お天気は良し・・・良い散歩でした
帰り道は山越えを考えていましたが、ラッセル車が入った様子も無く、人が侵入した気配も無いので、
急遽変更し別コースを・・・
その陰か、本日は良い出遭いも重なり「萩益子」の群れに遭遇したのは嬉しい・・・15羽程の群れ
そっと移動したが、鳥は落ち着く間もなく何処かへ・・・入って来たばかりでしょうか???

「シロカモ第2回冬羽」
早速の浜での歓迎してくれたカモメ、嬉しいですね?

海中に入ったり

又、戻っては毛つぐろいしていた

☆白い雪の中のシロカモメ、白が引き立って特に綺麗でしたよヾ(❀╹◡╹)ノ゙


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:45Comments(2)カモメ類自然風景