さぽろぐ

  自然  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2014年11月09日

錦大沼 紅葉

先月末、苫小牧錦大沼に行ってきました
紅葉はすでに遅し・・・落ち葉の中を歩いてきました
お天気は今一、どこか良い景色を探しましたが、どこもパッとしません
陽が当らないと、写真も今一でしたが
その中から、数枚貼りました
散策している物は他の物は居なく、私たちのみだったように思いマス
初めてでないかと楽しみに行ってきましたが、一人ではいるには暗い感じ・・・
鳥は思い掛けずに見られ良かったデス
見た鳥
アカゲラ、ヤマゲラ、コゲラ、イカル、ミヤマカケス、シジュウガラ、ハシブトガラ、ゴジュウガラ等々
水鳥も書いてありましたが、1匹も居ませんでした・・・

「錦大沼 紅葉」
まずは名残の紅葉を捜して、最終到着点で鮮やかな落ち葉・・・
赤が多いのは稀に見る美しいもみじの落ち葉ヾ(❀╹◡╹)ノ゙
フアフア感は、家に持ち帰りたい程に綺麗さ・・・

紅葉も最終・・・葉がすべて落ち切って絨毯のようになっていました

こちらは入り口近くでここは葉が残って居て、近くにはアオゲラが居ました

こちらは正面入り口ドウタンツツジがお見事でしたが終盤を迎えていました
綺麗とは言えず・・・綺麗な方からのアップに・・・

公園内はがらんと殺風景な公園・・・人もいない、水鳥は1匹も・・・

☆ココより気温の低い苫小牧、少し遅かったように思いマス

☆お天気の良い、綺麗な紅葉の時期に来たいものですね?
 この辺では珍しい「イカル」にヤマゲラ」が見れたのは幸いでした(✿╹◡╹)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:17Comments(0)山歩き

2014年10月21日

十勝岳連峰

十勝岳は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内 の新得町にまたがる
標高2,077mの活火山。
大雪山国立公園内の十勝岳連峰(十勝 火山群)の主峰である。
日本百名山及び花の百名山に選定されている


19日全国的に晴れマークが付きました
それ~とばかりに、日帰りで,娘の帰りの便に便乗しました。早朝3時起き・・・
この時期ならばの散策を楽しみました・・・
何も山に登らなくても、この光景は今までにない冠雪風景はとても新鮮な物でした・・・
十勝岳の土を踏み登山気分を味わって、
市内の道の駅などを娘との二人旅楽しみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
雪と聞いては冬の装いで出かけましたが、この転向、寒さ知らずで帰宅しましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
因みにゲートコースは24日に閉めると、聞いています☆

「十勝岳」
この山には縁が無く、以前に家族で着た事が有りましたが・・・何せ遠い・・・

開けた登山口から前方を見上げる
山は銀座とばかりに多くの人が山を登って居たようデス
駐車場は満杯でした・・・

綺麗な青空に十勝岳連峰の山々に雪が覆いその姿の美しい事!

十勝岳周辺の山々・・・・

この辺の山は殆ど知らない・・・2,000M級は考えても見なかった(笑)

帰り道に写真を撮っている方がいて、慌てて車を止め1枚・・・・滝が有りました

☆紅葉も過ぎた頃でしたが、
 冠雪の覆った山も青空に生え、素晴らしい光景・・・真に良い旅でしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆当日の天候は最高・・・行かなくちゃと・・・重い腰を上げ良かった(笑)


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:21Comments(6)山歩き

2014年04月29日

鍋島山 140M

鍋島山は白鳥大橋にほど近く、白鳥大橋をアプローチのループ橋含めて全体を見渡せ、
かつその後ろには室蘭の工場街と室蘭岳やカムイヌプリを見渡すことができるとあって、
白鳥大橋を撮影するにはベストポイントとなっている


昨日はお天気も良い事から、測量山に程近い山を散策
「アイヌタチツボスミレ」を探しに午後から山に入りました
3年ぶりと有って探せるかどうかも不安の中、まず・・・登る事に
去ると早いもので、あれから3年・・・非常に早く感じました
山の中は道が有って無いような物、一人はいる危険も考慮し、迷惑の掛からない程度に・・・
水に昼食を持参しました。交通機関はバス・・・バス停留所より山へ・・・
まずは標識のある看板を去り、遊歩道の標識を確認・・・
山は低山ですが、今の時期は「カタクリの花」が満開なのと、「スミレ」の花が多くある
その他、アズマイチゲ、キクザキイチゲ、エンレイソウ、コジマエンレイソウ、サイハイラン、
ヒナスミレ、タチツボスミレ、オオタチツボスミレ、アイヌタチツボスミレ、バイケイソウ、
日本、西洋たんぽぽ、キケマン、ムラサキケマン等が見られた
ここに有るワニグチソウ(鰐口草)ユリ科 アマドコロ属は捜せなかった・・・もう少し後かな?
コケイラン、キツネノボタン、ルイヨウボタン等も次回に・・・
蝶ではキアゲハ、スジグロチョウ、ルリシジミ等

「鍋島山」散策
山頂に程近い位置から白鳥大橋方面を望む
当日も天候に恵まれ、有珠山、伊達紋別岳の中間に羊蹄山の雪化粧した姿が見えた

室蘭港方面~その向こうは茶津山~太平洋に出る

ここは市民の山、道幅は狭いく、山らしい山、一面にカタクリの花

バイケイソウ通り

ここは地球岬遊歩道と違い「アズマイチゲ」が多く見られる

☆まずは気楽にのんびり山頂に向かいましたが、目的の花の出遭いは有りませんでした
 矢も得ずに再び、山頂を目指しまして、登った道を・・・再び・・・トライしました 
 徐々に風が強くなり、山頂付近では飛ばされ様な突風が・・・14時過ぎだったように思いますが
 そこで諦めかけて止まったまった際には立つ事すら辛く、低姿勢に・・・
 なんと、そこに目的の花が・・・その嬉しい事!ヾ(❀╹◡╹)ノ゙・・・
 しかし、花芽は上がって居たものの、未だ開花していなかった

☆余談ですが,,,
 昨日はその時間に崎守で、サーフィン為さって居たかが、夜になり戻らず、死体で救助されたとか?
 海での遭難はとても危険が伴います事を・・・くれぐれもご注意の程を・・・



  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 14:23Comments(0)山歩き

2014年04月26日

地球岬遊歩道 蝦夷延胡索群生

本日もお天気良し・・・再度遊歩道へ
気温が上がり、あっと言う間に開花
5月の連休に予定なさっている方も多いかと思いますが、
今日は人出も多く、楽しまれた方が大勢いました
コースも何コースも有り、その人のお好みコースを回るのですが
たんぽぽも気になるお花を覗いてきました
綺麗な真っ赤なコジマエンレイソウ、砥石エンレイソウ、緑のエンレイソウも開花していました

「蝦夷延胡索」群生
単品デスと、それなりの早咲が早い内から見られていましたが、一斉となると今頃が綺麗でした
気温が上がると、あっと言う間・・・それなりの綺麗所を見て来ました(✿╹◡╹)

手前がアズキ菜ですが、花芽が上がっていました

群生地をもう1枚、面積が広いので、思うようにはお届けできませんね?

カタクリとの共演、全体的に好天続き、雨が欲しい感じ?

カタクリの花とエゾエンゴサクのツーショット

☆今年は地球岬遊歩道を見て回り、十分堪能しました(✿╹◡╹)
☆この間に見た鳥
 ヒガラ、シジュウガラ、ルリビタキ、メジロ、アオジ、エナガ、ゴジュウガラ、カラス等
 最後まで「オオルリ」を待ちましたが、見られませんでした


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:03Comments(0)山歩き

2014年04月24日

ルリビタキ男の子

昨日は鳥の囀りを聞きながらの時間を掛けて、のんびりの一人遊歩道散策、
人に気兼ねもせずにお弁当持参、鳥の来るのを待ちながら、あの池のベンチでランチにしましたが、
昨年ここで見た、目当ての鳥は現れませんでした
その帰り際にフト鳥の飛ぶ姿・・・もしかしたら・・・と、散策路をすべて歩く事に・・・
空くまでも山での遭難も考え、遊歩道には一人は入った事が無い・・・
しかし、鳥は一人が良いですね、どうしても大勢ですと、一気に姿が有りません!
この度のルリビタキの歓迎を受け、何度も姿を現し良い鳥見が出来ました
その他に「シマエナガ」「メジロ」等も何度も見られました
今では一人でも鳥を見るように成長しました事を嬉しく思いますヾ(❀╹◡╹)ノ゙
今日もお天気が良さそうで、開花が進むのが早いでしょう・・・以後も何度か足を延ばそうと・・・
今週はお天気続き、何と!今週の土曜日には19度となっていますので、早咲は今週当たり?
二輪草、野生の蘭等は5月の連休でも宜しいのでは・・・

「地球岬遊歩道を訪ねて」
一人の鳥見、晴れの日は鳥も豊富、枯れ木に春にやってくる、色も鮮やか見事のブルー
折れた木に止まる♂

笹止まり

序面で餌を求めてる姿が有りました

☆今回は「ジョイビタキ」も楽しみにして入りましたが、遭えませんでした
 昨年は♂の水浴びをしていた所を見ましたが?

☆今朝は庭に「アオジ」が綺麗な黄色い姿で桜の木に止まっていました
☆先日庭に「シロハラ」が来ていました・・・遅くなりました

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:33Comments(2)山歩き野鳥類

2014年04月23日

地球岬遊歩道2014

本日天候も良い事から「地球岬遊歩道」の開花状況を見て来ました
やはり、ここでも陽当たりの良い個所には可愛い花達が開花していました
キクザキイチゲ、カタクリ、エゾエンゴサク等の群生の1番の見どころは未だの用でしたが?
陽当たりの良い個所はもう~開花していました
お花の時期は短いので、今から楽しむのも宜しかと思いますヾ(❀╹◡╹)ノ

今日の「地球岬遊歩道」
開花はその年により違いが有り、まずは下調べ・・・
山道にカタクリの花は咲いていました

場所に寄っては満開でした

斑入りのカタクリの花とオオバキスミレ

オオバキスミレの群生


足元に愛らしい花が太陽の方を向いて咲いてい居ました

数は少ないのですが、濃紫色したキクザキイチゲ
淡紫色も増えて密かに群生していました

真っ赤なコジマエンレイソウも増えていますね?

エゾエンゴサクも色とりどりですが、今回は白は捜せませんでした

タチツボスミレ群生

未だ後と思っていましたが、場所に寄っては咲いてました二輪草

☆その他
 緑のエンレイソウ、砥石エンレイソウは未だ蕾の状態でした
 二輪草は少し遅れて咲くので、緑の二輪草も未だ見られませんでした
 ノビネチドリは葉が少し見える程度、サイハイランは葉も増え、今年は花芽が上がると良いね?
 ニシキゴロモも増えていました 
 ヒトリシズカは未だやっと花が着いた程度
 フデリンドウも有るのですが、数が極端に少なく見られるでしょうか?
 
☆鳥見
 ルリビタキ、シマエナガ、メジロ、ヤマガラ、ハシブトガラ、シジュウガラ等
 今回はルリビタキの大歓迎に、明け暮れ帰宅が遅くなりました(笑)
 ジョウビタキも期待していきましたが、遭えませんでした


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:32Comments(2)山歩き

2014年04月09日

母恋富士 156M

明日からお天気が崩れると言うので、急いで午後より越冬した蝶を見て来ました
1時間程で回って来ましたが、山頂に着いた時点では風が強く、蝶を見るには成果は有りません
山頂近くで、足を踏みいれた途端に「アカタテハ」らしき蝶に飛ばれました(笑)
その他、山野草を見て回りましたが、まだ早い感じでした

「母恋富士」156M
まずは山頂を目指して、南町から北口に抜けて、桜の名所富士下に抜けました

登り切った所の風景
日鋼構内、白鳥大橋、測量山、国道36号線が見える

蕗の薹は美味しそうなので摘んできました(笑)

入口近くに黄色いお花が咲いていました(✿╹◡╹)
「キムジロ」バラ科のキムジロ属

☆開花待ちの「アズマイチゲ」は全開にはなりませんでした
 背丈の低いお花ですが、背高気味(笑)

☆今回は不渡り?お天気の良い日で風のないで望めないので、次回は山野草の咲いた頃・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:36Comments(2)山歩き私の街が好きだから

2013年09月29日

登別温泉地獄谷

登別温泉は、北海道登別市にある温泉で、北海道屈指の温泉地 である。
江戸時代からその存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは 、
保養地・観光地となった。
地名語源は、アイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)...


登別温泉の紅葉は綺麗に観光地、以前は1年に1回は訪れたものでした
その奥に遊歩道が有り、ぐるり1周コースは紅葉の日には綺麗ですね?
地獄谷→大正地獄→日和山→大湯沼→奥の湯→大湯沼天然足湯コースの
他にも幾つか遊歩道があり、歩かれると良い個所が沢山有ります
たんぽぽは10月の温泉行きの際には回ってこようと心しています(お天気次第)
其の頃は紅葉が綺麗かと思いマス。温泉でないと見られ無い苔も見て来ます(✿╹◡╹)

「登別温泉地獄谷」
当日は晴天に恵まれ、どこに足は混んでも楽しい1日でした(✿╹◡╹)
観光客が多く来ていました。前から見たらぐっと歩く道が良くなっていて歩きやすいコースでした
私の子供の頃はこうした手すり、木道が無く、安全な個所を歩いてみて回りました
両親は卵を湯に入れ、温泉卵を作った経験があり、大層懐かしい思い出が有る温泉でもある

久々の地獄谷でした
何時しか遠くなり、懐かしく立ち寄って来ましたのは、先日のオロフレ峠のトイレタイムの時間帯

時間は20分と有り、集合時間に合わせ、湯が吹き出す終点迄、歩いてきました

☆久々の地獄谷には外国人が多く賑わっています

☆以前は良く温泉に行っていましたが、最近は湯離れ?日帰り温泉も行かなくなりました(笑)
 今は亡き両親は「冬至」にここの温泉を使っていました事から~その先代もここを「冬至」宿に。  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:44Comments(0)山歩き

2013年09月27日

オロフレ山 1,230.8m

オロフレ山は、北海道白老郡白老町と有珠郡壮瞥町とにまたがる標高 1,230.8mの火山である。
語源はアイヌ語で「ウオロ・フレ・ペッ」(水中の赤い川)を意味 する。
支笏洞爺国立公園内にある二等三角点(点名「登別岳」)の山である


オロフレ峠の登山口から登ると標高差300mしか有りません
初級の山になりますが、1歩間違うと命は有りません!
慣れた方には優しく、以前より歩きやすくなっていました
山頂には、標識も綺麗に治って折、今思うと懐かしい看板を見てきました
山頂のパノラマは、今日のお天気は最高、滅多にない秋晴れ、追、登って来て終いました
山は、オロフレに始まり、最後の登山のつもりで、オロフレで終わる・・・と、言う心境でした

「オロフレ山」
朝6時半家を出る→オロフレ峠登山口・・ブラブラ今日の体調を伺う?9時30分
瓦礫までがコースでしたが、山頂を目指したい方が居たので、ご一緒しました
瓦礫でやめる人、そこよりトライする人様々でしたが、他の人とのバランスもあり、登る事に
→11時30分山頂→集合時間が13時半でしたので、下山13時5分に到着

駐車場からの眺め太平洋、海面が僅か、ピンク色に輝いていたような・・・雲の無い陽気

ここで眺めては、判断を確認、昼食を・・・改めて心して2人で登って来まし

山頂からは樽前山、風不死が見える

秋雲の綺麗な事!洞爺湖、羊蹄山が遠くに見える

☆久々の登山、今日の仲間で登山が出来ました
 今までの経験、所要時間内での行動、楽しく登って来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆何度か登った山、今回のようなお天気に恵まれ登れたのは2回目
 中々、団体ではお天気は思うようになりませんね?  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 17:04Comments(0)山歩き

2013年09月26日

青い池

青い池は北海道上川郡美瑛町白金にある人造池の通称である。
「白金の青い池」、「美瑛白金青い池」などとも呼ばれる。
美瑛町の東南部、美瑛川左岸の標高約500メートルに位置しており、
十勝岳の麓に湧く白金温泉から約2.5キロ北西の地点にある。
この付近の湧水には水酸化アルミニウムなど、主に白色系の微粒子が含まれており、
美瑛川本流の水と混ざることによって分散され一種のコロイドが生成される。
水中に差し込んだ太陽光がコロイドの粒子と衝突散乱して水の吸収による青色の透過光が加わり、
美しい青色に見えると言われている

「青い池」
この度、大雪山旭岳より足を延ばし、行ってきました
雨の日の次の日は水が濁り、美しい青は出ないと言うが、雨の前でどうにか、
綺麗な青を見て来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

池の周りには柵が設けられており、車より歩いて美瑛川方面

☆前にも見た事が有りましたが、ここだったかなぁ~???・・・
 そこも青かったがやはり柵が有った・・・記憶が薄れている(笑)  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:38Comments(0)山歩き

2013年09月25日

2013年 旭岳紅葉

北海道で最も高い山である旭岳(標高2291m)は、標高が高いことから秋の訪れも早く、
8月末に入るとウラジロナナカマドやウラシマツツジ、チングルマなどから、
徐々に紅葉が始まる。旭岳山頂付近では、
9月中旬には、日本でいち早く初雪を見ることができる。また、風がなく晴れた日には、
標高1600mの位置にある姿見の池に旭岳が映しだされ、幻想的な雰囲気に包まれる。


9月の19日は初冠雪が見られたと言う、急ぎ足でしたが、今年も旭岳の紅葉を見て来ました
24日、主人のお付き合いで、姿見の池までのコース1周
今春には残雪が残る中の花見は天気に恵まれ、最高の山歩き、裾合平迄でしたが

今回は主人の都合で急遽の旭岳
朝7時のJRで札幌駅へ・・・お弁当を買い求め札幌在中の娘の車に→旭岳に向かう
→ロープウェーイ→姿見の池一周→ロープウェーイ→青い池→望岳台園地
→帰路へ・・・中央バス大谷地17時33分→帰宅21時半

「姿見の池」
姿見の池、散策コース→夫婦池→鏡池→擂鉢池→ロープウェイと約1時間
お天気がやっと持ったような・・・1日のぐるり一周、都合とお天気は中々旨く行かない・・・
まずは運転手の都合で行けたのだから、まずは良かったとしています~♪


何処を回っても山頂の見えない・・・すべて標識をと・・・撮りました(笑)
看板にはギンザンマシコ、ウスバキチョウ、ノゴマ、シマリス、ホシガラス等と・・・
しかし、お天気がこんなんじゃ何もいない・・・僅か鳥の声がしたが、姿は無し・・・


目だったのが、チングルマの綿毛の元気な事!


シラタマノキ、ガンコウラン、エゾノツガザクラの群生地と夫婦池


ミヤマリンドウは他の花に隠れやっとミッケ!沢山有るね?(✿╹◡╹)
エゾオヤマノリンドウの花も見ごろでした


☆画像を沢山上げたい所、何たって山頂が見えないのは残念でした

☆次回は裾合平から中岳方面にギンザンマシコ、ノゴマ、ホシガラスが良いね?(笑)

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 20:42Comments(4)山歩き

2013年07月28日

旭岳 ノゴマ

ノゴマ(野駒)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目ツグミ科に分類 される鳥。
北海道の草地や低木林に飛来。 全長:15cm さえずり:複雑で長い。 夜も鳴く。
本州以南は春、秋に通過


以前にノゴマが旭岳で見れると聞いて、登った事があるが、
その時は見られず、お花を見に来た今回は初めて見たヾ(❀╹◡╹)ノ゙

ノゴマに於いては、今年は初めて庭で見る事が出来た
その際はニセコ方面に出かける日に・・・♀が探す時間は無かったが、その群れに居たと思うが?

又、今回札幌ではノゴマの繁殖を期待していたが
前日に巣立ったとかで、雛はその周辺で親から餌を貰っていた
その時も♀も居たが、撮影までには至らなかった・・・♂が餌を運んでいました

「ノゴマ」
裾野平近くのハイマツの上に大きな声で囀るノゴマ
裾野平は広く、途中残雪中…トボトボ・・・まずは「ヒバリ」が遠くで囀っていた
その山奥には「オオマシコ」が居ると言うが、それも時間は無し・・・


自然界の美しい光景の中の囀り・・・そのままそこに留まった!
静かに・・・そっと・・・お友達と2人の感動の一時でしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙


集合時間になりロープウェイ付近で見送るかのように近くで囀って居たが、
誰も気が付かなかったようでした・・・


☆やや暫く囀って居たのでしたが、その可愛い鳴き声は覚える事が出来ませんでした

☆今年は多くの「ノゴマ」地球岬周辺、自宅庭、札幌と・・・縁の多い鳥でした
 1度は苫小牧原野で、2度目は登山途中の2度経験のみの鳥でした・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:27Comments(0)山歩き

2013年07月27日

旭岳 裾野平のお花畑

旭岳ロープウェイから裾野平の花畑を見て回りましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
帰宅時間も決まって折、3時間から3時間半の散策
裾野平までは2時間コース・・・そこには残雪が沢山残った場所があり、雪山の装備は無し、
最初、裾野平までは1時間程聞いていましたので、狙ってみたのですが、
この雪渓では・・・と・・・花は無く引き返す人も多くいるのと、展望が無い事から、諦めました
そうですね?尻滑りも楽しめる斜面も多くありましたね(笑)

「裾野平の花畑」
雪解けから春を待ち受けるかのように沢山の花がお顔を出していました
エゾノツガザクラ イソツツジ


一面のチングルマ、向うはエゾノツガザクラ畑


イソツツジにエゾノツガザクラに厚い残雪


小高い所のお花畑


一面のお花畑、大雪山の広さが伺われますね?


☆ここでのお花が一面に広がって折、今回はお花畑を写してきました

☆花たち
 エゾノツガサクラ、アオノツガサクラ、チングルマ、イワヒゲ、イワブクロ、エゾノコザクラ、
 マルバシモツケ、メアカンキンバエ、イソツツジ、ハイマツ等

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 09:48Comments(2)山歩き

2013年07月26日

大雪山 旭岳

軽登山とまでは行かない旭岳姿見の周辺のお花の見て来ましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙
未だ登りたい気持ちは上々、個人では中々チャンスが有りません
中高年の登山と言いましても、レベルの違いがあり、団体には自信が無くなりました
年を重ねると、その日の体調も有り、無理せずに大事取っています

「旭岳」2013年7月20日
向うに見える山は旭岳2290M この山はまだ登って居ない・・・
下から見たからに山頂は木々が茂っているようには見えない日陰の無い山と聞いている


少し登ると展望の良い所に出る
向うは今、ロープウェイ終点の駅・・・綺麗な青空は旭岳日和ヾ(❀╹◡╹)ノ゙
お天気はご覧の快晴に恵まれ持って来いの山登り


今年は雪解けが遅いとあり多くの雪渓が残っていた
たんぽぽが何度か来た中では一番多いように見えた


私達は旭岳姿見の池との分岐点より裾野平に向かった
山のお天気の移り変わりの激しく、山が見えたり・・・陰ったり・・・


☆残雪の残った個所が残り、これより先は何も無と言う所まで足を延ばしたが、
戻ってくる方も多く、裾野平近くでたんぽぽ他1名は時間の関係もあり、集合場所に戻った!

☆雪渓が残る中に綺麗なお花がいっぱい見ての帰宅・・・次回に大雪山のお花を・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 16:54Comments(4)山歩き

2013年07月21日

天人峡 羽衣の滝

19日、朝から旭川に向かい天人峡に宿を・・・その日は天人峡周辺を散策を楽しむ
予定より早く到着、時間もあり、散策コースに「清見台」に上り天人峡、羽衣の滝を見に登った!
滝はがけ崩れの為に閉鎖になり、これを眺めるにはここしかなかった!
(羽衣の道は遊歩道整備の為に、通行止め)開通は未定だそうデス
参考までに
「羽衣の滝」北海道上川郡東川町にある忠別川の支流アイシホップ沢川と双見沢川が合流する
地点で絶壁を左曲右折七段に分かれて落水する飛瀑であり落差は270メートルで 北海道第一位。
1991年(平成3年 )「日本の滝百選」に選定された。北海道第一位


団体行動なので、少し考えたが、散策時間でもあり、足を延ばした
片道、1時間から1時間コース 1,5Kのコース 登りの山 久々の山登り成る
記帳長が設置された山でトモラウシ山17Kの入り口でも有った
ステッキはバスの中、足に不安が有ったが、足慣らし程度に2年ぶりの登山にトライした
途中赤いリボンに1,2,3・・・8.9と、書かれた物があり、
1個だけの「あと500M」大きな標識があり、そこからは平坦な散策路が続く・・・
道は倒木も多い中、一気に目的地になりました
所用時間 登り1時間5分 下山30分程 山頂に10分程

「羽衣の滝」 天人峡
「羽衣の滝」の散策路は今、閉鎖している為、天人峡 清見台コースを登りました
がけ崩れの修復には、容易ではありませんから
や々暫くはここからのこの美しい滝を望むしか無い用ですね
ここまでの道のりはかなり険しい・・・
標高はどれ程になるのでしょう?下斜面は覗けませんでした・・・


「滝見台登山口」案内の描かれた標識
時間は15時を回って居たので、若干暗い感じではあったが、足慣らし程度として登ってみたが、
その花の多い事!歓迎してくれた花たちはお見事!
シラネアオイ、連なったツバメオモト、一面のゴゼンタチバナ、四季折々の花が勢揃いた山でした
参道は赤いリボンの目印が有り、迷う道は無く1本道、途中には今の時期に珍しいアカゲラ、キビタキ、
蝶2種ヒメキマダラヒカゲと黒のイチモンジ蝶?と蚊が一杯(笑)


「滝見台山頂」
ここには椅子が2つと、こちらが旭岳方面と書かれた看板が地面に倒れてあった
ここから明日の登る旭岳を望むが、雲が漂う怪しいお天気?
二人でここで記念撮影を楽しみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙


☆久々の登山らしい登山の山、
 1,5キロと言え登り1本に山でしたが、良い山に登った事に今日の健康に感謝します

☆2度来ることの無いでしょう~山はいつも歓迎してくれる・・・良い山でしたヾ(❀╹◡╹)ノ゙

☆「旭岳 裾野平」へ・・・・続き・・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 08:48Comments(2)山歩き

2012年10月12日

6日の黒岳お花畑

下から見た限りでは綺麗な紅葉は見れない・・・
娘夫婦は今シーズン2回目の紅葉狩り、綺麗だったとお勧めのコースだった筈?
私はてっきり旭岳「姿見の池」コースと思っていました(笑)
やはり、山はお天気が良い・・・
しかし、こうして家族旅行も今の内でして、良い親孝行をしてもらった事には大変嬉しく思う

「黒岳お花畑」
「チングルマ」やっと探した7合目付近の綿毛の残った紅葉


1個の歪な狂い咲きのチングルマのお花


「アオノツガザクラ」未だ実が付いていない


「白玉の木」青々とし、紅葉していない


7合目付近の花畑、お天気も悪いのかさっぱり映えない


「エゾオオヤマリンドウ」これは見ごろはお花?
お花の終わった物も有ればまだ、お花が見れ、紫と白は良かった!(ー_ー)!!


☆これは7合目の私たちの山頂でして、山頂はもっと美しいのかも知れませんね?

☆最初は登山計画でした・・・まだこの辺は登れると思いますが?
 最近はさっぱり登っていないのは残念デス

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 05:31Comments(0)山歩き

2012年10月11日

10月6日の黒岳

この日は曇りのち雨の予報でした
紅葉が10日遅れで、見ごろは丁度で無いかとの事で孫の都合もあり、朝一番のJR
のち、娘夫婦と孫、私たちの5名のドライブでしょうかね?
なが~い車での移動目的地に行ってきました
私は数年前に1度、登山を初めて間もない頃、黒岳から雲ノ平迄登った経験がありました
その時も山頂付近では初冠雪が見られましたが
今回もこの雨が雪に変わり1時の一面の雪化粧したとか?
その時間には雨の心配もあり移動中の大雨・・・その時間帯が1時雪に変わったらしい・・・
前回は下から見ても綺麗な紅葉が見れたのが印象的的でしたが、
今回は上に登らないと綺麗な紅葉は見られ無いのかと期待して登った

「黒岳」
黒岳7合目駅


ここまではロープウェイとリフトの2便で、辺りを見ながら登る


到着地点からの風景
ここから見える山は何れも登った山は無い・・・


登山口に置かれた看板「とっていいのは写真だけ 残していいのは足跡だけ」と
私の好きな看板?アポイ岳で見たような?


唯一の黒岳山頂が撮れた1枚、観光客はそれなりに居たと思うが?


リフトから見た紅葉
余り、ここと言う個所が無かったように思う・・・・


☆今回は10日遅れの紅葉との事でどうにか間に合ったようですが、
 気候の変化の乏しい年、綺麗な紅葉とは程遠いようでした~♪
☆家族とのふれあいの一時、
 良い旅行を楽しませて頂いたのも子供達のお蔭に感謝します☆☆☆

☆黒岳お花に続く・・

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 06:28Comments(2)山歩き

2012年02月09日

樽前山

久々に冬山登山?
まぁ~低山ならと思い、カンジキ持参で登って来ました
やはり、ここも雪が少なく、カンジキの必要は有りませんでした
辺りは人気の無い山道を足跡を辿り、獣道の沢山付いた道をステッキ2本を頼りに歩いてきました
標識は彼方此方に付いて居ますが、雪で覆われた道は登り慣れないと危険ですね?
獣道?山道には彼方此方に足跡と糞が残っていましたがそれらしき姿、小鳥1匹姿見ませんでした
樽前山はもう~何度かチャレンジしましたが、冬山は登っていません
北海道は登山口までが、遠いですから~

「望岳台山頂」から樽前山を望む
木が邪魔をし、この程度の眺めで撮影、山頂の寒さが伺われますね?


「ポロト湖」
全面凍結、側ではアイススケートを滑って居る方がいました
勿論、私もココでスピードスケートをOL時代、子供達と良く着た場所でも有ります


1枚撮し、もう一枚と・・・雲が掛かったのでしょうか、画像が暗くなりましたので、ビックリ!
側には何故か全面凍結と言いながら、水たまりが・・・
遙か向こうに見えるのが樽前山デス


☆雪山は何度か登っていますが、数は登っていません!
 山から少し遠のいていたのですが、元気回復したら、未だ登りたいですね?

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 19:29Comments(0)山歩き

2011年11月19日

三角山の花

12日三角山へ
札幌の街は大通りを透かして見える山並みに大倉山とその右側に並んで三角山がある
三角山は西区、山の手に聳える山、その姿も富士山に似ていることから、三角山が名がつく
私も数年前から、この円山に近い三角山に縁があり、
低山では有りますが、高山に自生する植物の多さに引かれ季節の移り変わりと共にチャレンジする

三角山まではバスで5分、1時間に2本程の便ですが、此も覚えたらすぐに登山口
この度は山の手登山口~こぶし平~哲学の道~大倉山~9の坂~三角山頂
~ふたり静の道~こぶし平~山の手登山口
市民の遊歩道として、登りやすいコースで沢山のお花に出逢うことが出来る山
健康は足からと、自分の健康維持を鍛えるように市も協力して整備されて、
喜楽に参加出来るの嬉しいですね?
お花も多く、初めて数多くの花々を拾って見ました

「三角山」311.1M
当日は晴れ 今年は残念ながら初めて登頂
何度も・・・何度も登りました・・・此からもズート登って居たい山デス


綺麗な町並みが見える


此方は大倉山方面を望む


三角山の花ガイドブックより
フクジュソウ エゾエンゴサク ナニワズ キクザキイチゲ キバナノアマナ エンレイソウ 
ヒトリシズカ オオタチツボスミレ ヒメイチゲ ニリンソウ フッキソウ ニシキゴロモ キタコブシ 
ツノハシバミ ハウチワカエデ エゾノウワミズザクラ フデリンドウ シラネアオイ オオカメノキ 
クルマバソウ センボンヤリ ユウシュンラン アオチドリ クサノオウ オドリコソウ マイヅルソウ 
マムシグサ オオアマドコロ ユキザサ エゾタンポポ ツクバネソウ ルイヨウショウマ ツルシキミ 
ルイヨウボタン クルマバツクバネソウ ヤマシャクヤク ノビネチドリ フタリシズカ コンロンソウ 
ミヤマガマズミ エゾキケマン オオヤマフスマ オオハナウド ササバギンラン ミツバウツギ 
ホウチャクソウ ムラサキツメクサ ツリバナ ヒメフウロ クマイザサ ツルウメドキ ハイイヌガヤ 
ナワシロイチゴ ギンリョウソウ ベニバナイチヤソウ ハクウンボク エゾタツナミソウ コケイラン 
オオダイコンソウ ハナニガナ ワニグチソウ ツルアジサイ チシマザサ サイハイラン 
ウメガサソウ クロイチゴ ヒメジョオン ノイバラ キヨスミウツボ キツリネフネ ウリノキ イワミツバ 
ネジバナ イワガラミ イチヤクソウ ハエドクソウ クサフジ アクシバ エゾスズラン エゾアジサイ 
エゾアカバナ ウツボグサ オオウバユリ モイワシャジン メマツヨイグサ クルマユリ ノリウツギ 
ウマノミツバ マタタビ トモエソウ ヤマホロシ ミヤマトウバナ エゾイラクサ トリアシショウマ 
オオハンゴンソウ アキカラマツ アキノキリンソウ イヌタデ エゾオトギリ カワミドリ(100種) 
キンミズヒキ ヒヨドリバナ ウシタキソウ クサギ ヤブハギ エゾヤマハギ ミヤマヤブタバコ 
クズ ミズヒキ ヤマハハコ サラシナショウマ エゾゴマナ ミミコウモリ エゾトリカブト 
エゾノノコンギク  以上115種

☆ここに拾えなかった花、未だ見ていない花も有るかな?程度探しました・・・???
 沢山の花に感謝し、綺麗だった頃のお花の良い思い出の山を綴って見ました

☆ココでは沢山の人との出会いも良い思いでがいっぱい詰まった山
 今の時期は実生りも跡形も少なく、楽しめませんでしたが、お天気に恵まれのは幸い
 此からも健康に留意し三角山愛好家さんと共に此から山に花に登り続けたいと思いマス~♪

☆蝶が1匹「ヒメアカタテハ」が居ました

☆三角山のお花の名前に間違いが有り、訂正しています・・・宜しく~♪


  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 14:25Comments(0)山歩き

2011年11月17日

円山 225,4M

11日、札幌円山を登ってきました\(^O^)/

この山に思うこと
子供の頃より、縁の無かった山・・・
山は辛いところ?苦しい・・・体質的に合わない等の理由から縁が無かった!

最初にこの山に登ったのは数年前に団体で登りました
その時はこの低山でさえ、シンドイと思いました
家は早朝の4時か5時に、着後~八十八箇所から登り、下山、北海道神宮へのお参りを・・・
その後は必ずと、お風呂入浴~帰宅が定番
団体は列を乱さずに、順に登り窮屈でした
その時は花の多い時期だけに登る方も多かったようデス
春の「エゾエンゴサク」が咲く頃、山頂には座る場所さえ、難しい団体での登山
今は一人参加も楽しめるだけに成長しましたは嬉しい・・・σ(^^)
この山は「エゾエンゴサク」がいっぱいで「カタクリの花」が少ししか見られ無い!

札幌「円山」
9時より八十八箇所から~山頂~円山動物園裏口コースに時間掛けのんびり登りました


☆娘と午前中の散策、後・・・半官様で六花亭のビスケットでお茶を頂戴し帰宅
☆山では1日に2、3回登る物、ソレゾレ・・・自分のレベルに合わせて楽しみ方も色々様々
 翌日は三角山~大倉山縦走して来ました\(^O^)/

  続きを読む


Posted by たんぽぽ at 07:49Comments(2)山歩き